ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-06-23 07:56:17
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2017年05月03日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
人と今 金スラッブさん(韓国伝統楽器専門店経営)
ソウルの実家と日本の客に支えられ16年

九州からの来店客も
 2001年に韓国伝統楽器専門店「BBD」を東京・新宿で開いた。ソウルの実家は、楽器専門店として名高い研楽社、父は重要無形文化財の金賢坤氏という環境だったが、店を開いたのは「日本のお客さんから、日本に専門店がないから困っていると聞いた。そっちで店をやったらどうか」という兄の勧めがあったからだ。
調べてみると、日本各地に朝鮮学校があり、韓国系の伝統音楽サークルも多かった。「これは商売になる」と踏み、「ビッグ」「ビジネス」「ドリーム」の頭文字を社名にした。しかし「まったくビジネスにならなかった」と笑う。
「1年で店を閉めることも考えた」というが、その頃には伝統楽器に魅了されていた。知識を得るため、さまざまな楽器の演奏を学び、公演に足を運んだ。最初はチャング(太鼓)を置く向きさえ分からなかったが、今や素材を見ただけで、どこで作られたものか分かるまでになった。
店を続けてこられた秘訣は二つ。一つは実家の支援、もう一つは欲張らないことだ。楽器の仕入れから手の込んだ修理まで、実家の助けを得ることは今もある。開店当初に見込んだほどの売り上げはないが「好きだからやっていける」と話す。
年に1回、楽器購入者を集めて発表会を行う。今年で9回目となる発表会の9割は日本人の参加者だ。楽器を買ってから練習を始めたという人もおり、うれしさとともに使命感も感じている。

2017-05-03 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
朝総連がまた民団に揺さぶり
大阪で初の韓日共同行動 
【映画】『きらめく拍手の音』(韓国)
北、ミサイル挑発持続 文政権は対北宥...
韓・日破綻狙う「慰安婦工作」
ブログ記事
新・浦安残日録(5)続・晩節の“選択”
『徒然草』における共感について
精神論〔1758年〕 第三部 第3章 記憶の広さについて
共感を考える研究会《第11回研究会のご案内》
張夏成(文在寅大統領の政策室長)の二極化主張の虚構
自由統一
北無人機、THAADを撮影
こん睡状態で帰国
「6.15記念行事」共同開催不発
北、ICBM開発完了を宣言 
北の外貨獲得手段 多岐に


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません