ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-06-23 07:56:17
Untitled Document
ホーム > ニュース > 国際
2017年05月03日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
脱北者団体 欧米で相次ぎ集会
金正恩政権打倒呼びかけ

 金正恩除去が取りざたされる中、欧米で、世界各地の脱北者が参加する集会が立て続けに開かれた。集会に出席した脱北者は、北韓での人権弾圧の苛烈さを訴え、その改善のために立ち上がろうと呼びかけた。
4月25日、ベルギーの首都ブリュッセルに、各国の脱北者団体代表30人が集まり「世界脱北民総会」を開いた。代表者らは金正恩を名指しして、人権状況の改善と責任追及を主張した。集会には韓国初の北韓人権国際協力大使に任命された李政勲・延世大国際大学院教授ほか、駐ベルギー・EU大使も出席した。
その場で採択されたブリュッセル宣言には、北韓の人権状況の改善や核放棄などが盛り込まれた。また、すでに自由と人権を手にした脱北者に対し、「国際社会との協力の下、金正恩政権下で苦しんでいる北韓住民たちとともに『平壌の春』に備えて努力を続けなければならない」と求めた。
韓国の脱北者団体「自由北韓運動連合」は4月27日、ワシントンで「世界脱北者総会」を開いた。ワシントンで開かれている北韓自由週間の関連行事として開かれた同総会でも、脱北者らは金正恩政権打倒のために立ち上がろうとの意見で一致した。総会には李政勲大使も出席した。
総会参加者は、金正恩政権崩壊と韓半島の平和統一を目指すワシントン宣言も採択した。

2017-05-03 1面
뉴스스크랩하기
国際セクション一覧へ
朝総連がまた民団に揺さぶり
大阪で初の韓日共同行動 
【映画】『きらめく拍手の音』(韓国)
北、ミサイル挑発持続 文政権は対北宥...
韓・日破綻狙う「慰安婦工作」
ブログ記事
新・浦安残日録(5)続・晩節の“選択”
『徒然草』における共感について
精神論〔1758年〕 第三部 第3章 記憶の広さについて
共感を考える研究会《第11回研究会のご案内》
張夏成(文在寅大統領の政策室長)の二極化主張の虚構
自由統一
北無人機、THAADを撮影
こん睡状態で帰国
「6.15記念行事」共同開催不発
北、ICBM開発完了を宣言 
北の外貨獲得手段 多岐に


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません