ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-05-24 10:13:52
Untitled Document
ホーム > ニュース > 国際
2017年05月03日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
北、安保理で制裁強化訴え
北はまたもミサイル発射

 米国は国連安保理で、改めて加盟国に対北制裁強化を求めた。ティラーソン米国務長官は4月28日、北韓の非核化に関する閣僚級会合の場で、北韓との国交断絶まで視野に入れた外交圧力や、経済制裁の徹底履行が求められると訴えた。会合には日中など11カ国の理事国外相のほか、韓国の尹炳世外相も出席した。周辺国では唯一、ロシアのラブロフ外相が欠席した。
ティラーソン長官は、経済制裁として安保理決議の完全履行に加え、北韓との取引を行う国や企業へのセカンダリー・ボイコット(第三者制裁)を挙げた。外交面では、北韓との外交関係中断または制限の必要性を訴えた。
ティラーソン長官は「北によるソウルや東京への核攻撃は現実の脅威」とも述べ、安保理に対して北よりも先に行動すべきと呼びかけた。
こうした動きに対抗し、北韓は翌29日、西部の北倉郡周辺からミサイルを1発発射した。発射されたミサイルは、数分で空中爆発した。発射失敗との見方が一般的だ、一部の専門家は北側がEMP爆弾の実験を行った可能性が指摘されている。
なお、米空軍は26日、カリフォルニア州内の基地から南太平洋上のマーシャル諸島近海に向けICBM(大陸間弾道ミサイル)を発射した。ミサイルは約6800キロ飛行し、計画どおり目標海域に着弾したという。

2017-05-03 1面
뉴스스크랩하기
国際セクション一覧へ
在日同胞の財産を巻き上げる「誘い水」
韓日米同盟の強化を訴え
在外選挙 日本は投票者数・投票率減少
投票直前 「大逆転」はあるか
我々には見覚えのない、見知らぬ大韓民国
ブログ記事
新・浦安残日録(4)
北韓、朝総連、帰国者、在日(배나TV、日本語版)
極左勢力が青瓦台に入城!
‘保守勢力を潰滅させる’が共に民主党の党論か
洪準杓自由韓国党大統領候補のソウル江南での選挙遊説(*遊説の模範)
自由統一
ICBM開発 最終段階 大気圏再突入に成功
北の人権状況告発
韓米演習に合わせて挑発
北韓をテロ支援国再指定へ
「日本人漁民50人以上殺した」


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません