ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-07-24 09:16:41
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2017年04月26日 21:06
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
高麗青磁への情熱―93―

結婚生活(五)

柳根瀅
高徹・訳/馬瑞枝・画


「ぼくに何か用があって来たのか?」
「別に用があって来たんじゃないわ」
「じゃ、何しに来たのさ?」
「あら、今日が何の日かわからないのね?」
「今日? そうだな、今日が何の日だっけ? わからんな」
「今日はオモニに会いに行く日なのに」
「あ、そうだったか。手にしているのは、何だ?」
「これ? これは鯖と鮸(にべ)よ」
「そんな生臭い鯖なぞ買って」
「生臭くても、オモニの好物だからよ。そして、あなたは鮸(にべ)が好きだったでしょ?」
「とにかく、おまえはオモニによく尽くしてくれるからな」
「あなたには?」
「ぼくには別段何もしてくれない」
「何てことを言うのよ、寂しいことを」
「寂しい? ぼくの死んだあとおまえが再婚しないで操を守れば烈女とも呼ばれるかもしれないけど、今は何だ、何でもないじゃないか」
「いいかげんにしてよ」
軽い痴話喧嘩もまた楽しいものだった。
まさ子は先に作業場を出た。私は引けるまで彫刻をしてから、道具を一つひとつ箱にしまい、帰る準備をした。
「崔君、久し振りに一緒に出かけることになってみると、過ぎたことがみな夢みたいだよ」
崔君も嬉しそうな表情をつくって、
「そうだね。実に、計り知れないのが人の運命というものだ。君がまさ子さんのことを倭女だといって猛反対していたのに、今では夫婦として楽しく暮らしているんだからなあ。それに、真心を尽くせば必ず天に通じるというが、これはほんとうにまさ子さんのための言葉みたいだ。いつも反対していた君に片思いして、あんなにまで慕って、とうとう君と夫婦になったんだから」
「話が出たついでだから、まさ子と結婚できたのは、すべてまさ子の誠意のおかげさ。ぼくがこの工場に来てまる二年になるけれど、その間ただ食べてばかりで、やったことと言えばまさ子との結婚だけで、ぼくの本来の目的は結局、水泡に帰してしまったよ」
「おや、君のような幸運な者が何を悲観している? 以前と違って今では主人とは親戚じゃないか。それも、いとこ同士の深い関係なんだから、釉薬の調合法を教えてもらうんだよ」
「そんなことできるもんか。いくら親戚だからって、ぼくは朝鮮人じゃないか。だめに決まっている」
やがて、家の近くにまで来た。
「さ、話の続きは明日にして、それじゃあここで」
「うん、明日また会おう」
私は門をくぐった。

2017-04-26 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
文在寅政権の全体主義独裁を警告する
韓国企業、日本人学生に人気 ~在日の...
「革命政権」に冷淡な同盟 
東京でも「金正恩を許すな」
大統領の国憲びん乱 
ブログ記事
涙の七夕・・・父の四九日、永久のお別れ
新・浦安残日録(6)
You Raise me Up
6.25戦争勃発67周年に際して
新・浦安残日録(5)続・晩節の“選択”
自由統一
米本土届くICBM 米国社会に無力感も
制裁以外の有効打は 李相哲教授が講演
北無人機、THAADを撮影
こん睡状態で帰国
「6.15記念行事」共同開催不発


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません