ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-09-22 08:26:46
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2017年04月26日 19:41
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
今週の人言(ひとこと)

「文在寅は証拠があるのに否認する」―元外交部長官 宋旻淳―
宋旻淳元長官は、2007年の国連での北韓人権決議案を棄権した問題で、青瓦台が作った文書を公開した。この問題は、盧武鉉政権が北韓と事前協議したとの疑いがあり、共に民主党の文在寅大統領候補(当時、大統領秘書室長)は否定している。共に民主党は、文書は北韓の電話通知文だということは認めている。だが、同党の報道官は違う発言をし、同じ党内でも矛盾が生じている状況だと伝えられた。

「5・18は『暴動』…金大中は不法な民衆革命謀る」―元韓国大統領 全斗煥―
全斗煥元大統領は回顧録で、「5.18事態は『暴動』という以外に表現する言葉がない」と断言した。全元大統領は、「5.18光州民主化運動」の主な原因として、金大中元大統領の検挙を挙げた。全元大統領は「10.26事態以後、金大中氏は不法な民衆革命を企てた」とし「当時、彼の危険な政治の歩みは、金大中内乱陰謀事件の裁判記録によくまとめられている。国紀を乱した者として司法処理をしなければならなかった」と述べた。

2017-04-26 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
「大韓民国が恥ずかしい」
日韓トンネルで講演会
[動画] 世界一恐怖の水素爆弾
【パチンコ規則改正を読む】小規模ホー...
李洙勲慶南大教授 新駐日大使に内定
ブログ記事
大韓民国はロウソク政権の挑戦に応戦せよ!
新・浦安残日録(8)
「星州の赤い月」、THAAD配備反対暴動は青瓦台が使嗾
東アジアの「核のドミノ」は始まるのか
精神論〔1758年〕 第三部 第4章 注意力の不等性について
自由統一
核・ミサイル開発に30億ドル
安保理の制裁可決
北の狙いは米との不可侵協定
北、ミサイル発射 
またICBM 北、真夜中に発射


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません