ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-12-13 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2017年04月19日 19:52
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
高麗青磁への情熱―92―

結婚生活(四)

柳根瀅

高徹・訳/馬瑞枝・画

「うん。おまえは賭けごとが好きだろう?」
「もちろん。賭けもしない花札なんか、しても面白くもないわよ」
「今日は何を賭けようか? また例の服脱ぎでもやるか?」
「やめましょう。あのときと今は違うでしょ。まだ明るいうちから、どうして服脱ぎなどするの?」
「じゃ、何をするか?」
「賭けるのはやめにしましょう」
「ただそのまま花札をするのも味気ないし」
「じゃ、やめましょう」
「そうしよう。やめにして、何か話でもしようよ」
「あなたが先に話して」
「いや、おまえが言い出したんだから、先に話せよ」
「別に話すこともないのに、どうしようかしら」
「なぜ、ない? おまえは以前太郎の話をしたじゃないか? 主人の家の留守番のときに」
「あのときはあなたがあたしのことを構ってくれないで、寝てばかりいるもんだから、あなたを誘おうとしてだったけど、今はその話をするにしても味気ないわ。でも、あのときのことを考えると、ほんとうにあなたが憎らしかったわ。あたし家に帰ってからもどれくらいあなたを呪って憎んだかしれない。それでいて一方では、あなたのことを忘れたことが一度だってないんだから。ほんとうにあなたに会いたかったわ。いつも忘れよう、忘れようと思っていても、忘れることができなかったわ。それであたし、体がひどく衰弱してしまったの。あなたがそばに来てくれて、やっと生き返ったのよ。今思うと、あなたはあたしの命の恩人よ」
「そうか。とにかく、すまなかったよ。過去のことはもう昔話にして、これからは楽しく暮らしていこう。過去は過去、現在は現在なんだからね。ところで、ここに来てもうだいぶ日も経ったな?」
「ずいぶん経ったわ」
「カレンダーを見てくれ。今日は何日かな?」
「今日は一二日よ」
「一二日? ぼくたち何日にここへ来た?」
「三日に来たんじゃないの?」
「三日か。じゃ今日まででもう九日にもなるのか。明日出ていくにしても一〇日間になる」
「じゃ、明日出発?」
「そうだ。そうすることにしよう」
夜は津々と更けた。
今日は母の家に帰る日だった。私は仕事にかまけて忘れるともなく忘れていたが、午後三時頃、まさ子が作業場に鯖と鮸(にべ)を手に下げてやって来た。私は訊いた。
「まさ子、どうした?」
「何が、どうした、なの?」

2017-04-19 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(2)
韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(3)
積弊清算の終着点となった李明博元大統領
韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(4)
大統領らの内乱行為を指摘 
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第5章 私達の魂に働きかける諸力について
検察とJTBCが共謀した反乱の証拠、「タブレットPC」の真実
沈在哲国会副議長の警告通り、今が内乱中であるがどうかを徹底して討論してみよう!
大韓民国を‘スパイたちの天国’にすると決めたか
‘金日成主義者たち’を大挙重用したのはなぜか
自由統一
金正恩の出方を探る国連
金正恩、核武力の完成を宣言
北漁船の漂着相次ぐ
米、北韓をテロ支援国に指定
北韓が開城工団を再稼働


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません