ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-12-13 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2017年04月19日 19:51
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
【読書】『版画家川瀬巴水・朝鮮への旅』畑山康幸・著

 日本を代表する版画家の川瀬巴水。川瀬ら5人の画家は1939年、朝鮮鉄道局の招待によって韓半島各地を訪れた。本書は、当時、朝鮮で発行されていた日本語新聞「京城日報」の報道や雑誌「観光朝鮮」などの記事を検討し、川瀬らの旅がどのようなものであったかを究明している。
「京城日報」や「観光朝鮮」を活用して川瀬らの旅を検証したのはこれが初めてである。また、川瀬は1940年に朝鮮を再訪し、前年の旅の成果を木版画にして京城三越で展示した。本書は、美術と歴史を融合した視点から、実証的に時代の本質に迫っている点でも注目の一冊である。
本書は一般の書店になく、レインボー出版による直販のみ。購入などの問い合わせは、高知県高岡郡佐川町甲8202。TEL/FAX:0889・20・9990。HP(http://www.rainbow-trading.co.jp/item/3204/)。

2017-04-19 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(2)
韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(3)
積弊清算の終着点となった李明博元大統領
韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(4)
大統領らの内乱行為を指摘 
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第5章 私達の魂に働きかける諸力について
検察とJTBCが共謀した反乱の証拠、「タブレットPC」の真実
沈在哲国会副議長の警告通り、今が内乱中であるがどうかを徹底して討論してみよう!
大韓民国を‘スパイたちの天国’にすると決めたか
‘金日成主義者たち’を大挙重用したのはなぜか
自由統一
金正恩の出方を探る国連
金正恩、核武力の完成を宣言
北漁船の漂着相次ぐ
米、北韓をテロ支援国に指定
北韓が開城工団を再稼働


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません