ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-12-13 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2017年04月19日 19:49
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
【読書】『韓国ぐらしは万華鏡』本橋良子・著

 1976年からの13年間、夫について韓国で暮らした日本人女性による手記だ。現地で出会った人々や異国で初めて経験するカルチャーショックを、新鮮な視点で捉えている。
今では想像もできないほど韓国についての情報がない時代。日本との差もあった時代。「こんなことに驚いたのか」と、著者の体験よりも感性や時代感覚に気づかされることが多い。それが彼女の愛されるキャラクターを構成する重要なファクターだ。現地に嫁いだ日本人女性による類書は数多くあれど、70年代から80年代の、それも地方での生活を記したものはそう多くない。
一方、苦言も呈さねばなるまい。一つひとつのエピソードが散漫で、前後のつながりも無関係な内容が目立つ。もう少しこのエピソードの続きが知りたい、この習慣が残る理由は何か知りたい、なぜいきなりこの話になった…といった感想を抱く読者は多かろう。一言で言えば、広く浅く、昔の韓国について記した一冊。著者の関心事や人との出会いが、タイトルにあるごとく万華鏡のようにきらきらと移ろっていったのだろう。
亜紀書房刊 定価=1500円(税別)

2017-04-19 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(2)
韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(3)
積弊清算の終着点となった李明博元大統領
韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(4)
大統領らの内乱行為を指摘 
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第5章 私達の魂に働きかける諸力について
検察とJTBCが共謀した反乱の証拠、「タブレットPC」の真実
沈在哲国会副議長の警告通り、今が内乱中であるがどうかを徹底して討論してみよう!
大韓民国を‘スパイたちの天国’にすると決めたか
‘金日成主義者たち’を大挙重用したのはなぜか
自由統一
金正恩の出方を探る国連
金正恩、核武力の完成を宣言
北漁船の漂着相次ぐ
米、北韓をテロ支援国に指定
北韓が開城工団を再稼働


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません