ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-06-27 08:50:36
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2017年04月19日 19:04
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
アジア経済短信

「千元スマホ」のシェア 大幅に低下
中国の格安スマートフォン「千元機」のシェアが大幅に低下している。千元機は、1000元(約1万6000円)以下で購入できる機種で、かつては国産ブランドが販売する機種の7割を占めていた。2014年には国内有力ブランド間での競争が激化していたが、16年からは多くの機種が2000元から3000元ほどの価格帯へと移行している。千元機のシェアが低下した背景には、安さよりも品質や機能を求めるという消費者心理の変化があるものとみられている。中国のスマートフォン市場では昨年12月、2000元以上の機種が市場で占める割合が5割を超えた一方、千元機は2割を下回っていた。
中国の貿易総額 世界2位に転落
2016年の貿易統計によると、「モノ」に限った貿易総額は、米国が3兆7060億ドル(約406兆円)でトップとなった。世界貿易機関(WTO)が12日に発表した。中国は3兆6850億ドルで2位となり、4年ぶりに首位から2位へと転落した。3位はドイツで2兆3950億ドル、4位は日本で1兆2520億ドルとなり、ドイツ・日本ともに前年と同じ順位をキープした。中国などの新興国における経済の減速が影響し、世界貿易の伸び率は1・3%に留まった。
シンガポール 自動運転バス開発へ
防衛産業大手のシンガポール・テクノロジーズ・エンジニアリング(STエンジニアリング)が、自動運転バスを開発すると発表した。同社は2020年末までの導入を目指す方針だ。バスの開発には、子会社のSTキネティクスが携わる。さまざまな気象条件や道路状況に対応できるようにするとしている。車内には、衛星ナビゲーションシステムのほか、3次元認識センサーなどを搭載。3カ所にドアを設置するほか、36人分の座席と、立ち客33人、車いす1席分のスペースも備える。最高時速は60キロメートル。STキネティクスは今後、シンガポールの陸上交通庁と協力して走行試験を行い、20年までには路線バスとして導入する計画だ。

2017-04-19 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
朝総連がまた民団に揺さぶり
大阪で初の韓日共同行動 
【映画】『きらめく拍手の音』(韓国)
韓・日破綻狙う「慰安婦工作」
北、ミサイル挑発持続 文政権は対北宥...
ブログ記事
6.25戦争勃発67周年に際して
新・浦安残日録(5)続・晩節の“選択”
『徒然草』における共感について
精神論〔1758年〕 第三部 第3章 記憶の広さについて
共感を考える研究会《第11回研究会のご案内》
自由統一
北無人機、THAADを撮影
こん睡状態で帰国
「6.15記念行事」共同開催不発
北、ICBM開発完了を宣言 
北の外貨獲得手段 多岐に


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません