ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-06-29 09:13:17
Untitled Document
ホーム > ニュース > 政治
2017年04月12日 21:02
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
韓国軍 新型弾道弾を実験
北全域カバー 年内配備へ

 連合ニュースは6日、政府高官の話として、韓国軍が、北韓全域を射程に収める弾道ミサイルの発射実験に成功したと報じた。
発射されたのは韓国軍が運用する玄武系の新型ミサイルで、射程は800キロ。韓国の南部からでも北韓全域をカバーする。国防科学研究所の試験場で行われた発射は、国防部の韓民求長官が視察する中で行われたという。
韓国は2012年、米国との合意に基づき、それまで300キロに制限されていたミサイルの射程距離を800キロに延長。韓国軍は対北抑止力として開発を急いできた。今回の実験成功を受け、軍は早ければ年内に実戦配備すると連合ニュースは伝えている。
ミサイルは、有事の際の大量報復を想定して開発されている。軍関係者も「北の核ミサイルの脅威への抑止力」と述べており、先制攻撃の可能性については言及していない。

2017-04-12 1面
뉴스스크랩하기
政治セクション一覧へ
朝総連がまた民団に揺さぶり
大阪で初の韓日共同行動 
【映画】『きらめく拍手の音』(韓国)
韓・日破綻狙う「慰安婦工作」
北、ミサイル挑発持続 文政権は対北宥...
ブログ記事
6.25戦争勃発67周年に際して
新・浦安残日録(5)続・晩節の“選択”
『徒然草』における共感について
精神論〔1758年〕 第三部 第3章 記憶の広さについて
共感を考える研究会《第11回研究会のご案内》
自由統一
制裁以外の有効打は 李相哲教授が講演
北無人機、THAADを撮影
こん睡状態で帰国
「6.15記念行事」共同開催不発
北、ICBM開発完了を宣言 


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません