ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-08-19 08:12:03
Untitled Document
ホーム > ニュース > 国際
2017年04月12日 20:59
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
北、またもミサイル発射 
前回からわずか2週間

米国「これ以上話すことはない」

 米中首脳会談を翌日に控えた5日、北韓が弾道ミサイル1発を発射した。北韓は3月6日に北西部の東倉里からノドン4発を同時に発射。同22日には東部の元山から1発、今回は元山の北東約120キロに位置する新浦からだった。
米軍当局の分析では、発射されたのは固体燃料エンジンを用いた新型のKN15ではなく、スカッドERだったという。発射は失敗に終わったとの見方が有力だ。
前回から2週間というタイミングでの発射を受け、国連安保理は6日(現地時間)、安保理決議に対する重大な違反だとして、報道機関向けの声明を発表。声明に法的拘束力はないが「言語道断で挑発的な態度」と怒りをあらわにしている。
気になるのは米国の反応だ。レックス・ティラーソン国務長官は「米国はすでに北韓について十分語ってきた。これ以上話すことはない」と、短いコメントを出すにとどめた。トランプ大統領は安倍首相と電話で協議し、「すべての選択肢がテーブルの上にある」という従来の主張を繰り返した。安倍首相は、米国の姿勢を高く評価すると述べた。北のミサイル発射に対する韓米間の協議は、大統領の不在でも実務的協議は行われている。

2017-04-12 1面
뉴스스크랩하기
国際セクション一覧へ
「朝鮮籍」の訪韓自由化を策動
「国基」を揺るがす文政権
【寄稿】「朝日」「ハンギョレ」両紙へ...
大企業・富裕層へ増税
熾烈な金融業トップ争い 上半期実績
ブログ記事
新・浦安残日録(7)
韓国も2カ月で核兵器を製造できる。日本は1週間で。
文在寅政権の脱原発政策を糾す
米合同参謀会議議長が訪韓
「ロウソク革命政権」が成功できない根源的理由
自由統一
またICBM 北、真夜中に発射
米本土届くICBM 米国社会に無力感も
制裁以外の有効打は 李相哲教授が講演
北無人機、THAADを撮影
こん睡状態で帰国


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません