ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-06-27 08:50:36
Untitled Document
ホーム > ニュース > 国際
2017年04月12日 20:59
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
北、またもミサイル発射 
前回からわずか2週間

米国「これ以上話すことはない」

 米中首脳会談を翌日に控えた5日、北韓が弾道ミサイル1発を発射した。北韓は3月6日に北西部の東倉里からノドン4発を同時に発射。同22日には東部の元山から1発、今回は元山の北東約120キロに位置する新浦からだった。
米軍当局の分析では、発射されたのは固体燃料エンジンを用いた新型のKN15ではなく、スカッドERだったという。発射は失敗に終わったとの見方が有力だ。
前回から2週間というタイミングでの発射を受け、国連安保理は6日(現地時間)、安保理決議に対する重大な違反だとして、報道機関向けの声明を発表。声明に法的拘束力はないが「言語道断で挑発的な態度」と怒りをあらわにしている。
気になるのは米国の反応だ。レックス・ティラーソン国務長官は「米国はすでに北韓について十分語ってきた。これ以上話すことはない」と、短いコメントを出すにとどめた。トランプ大統領は安倍首相と電話で協議し、「すべての選択肢がテーブルの上にある」という従来の主張を繰り返した。安倍首相は、米国の姿勢を高く評価すると述べた。北のミサイル発射に対する韓米間の協議は、大統領の不在でも実務的協議は行われている。

2017-04-12 1面
뉴스스크랩하기
国際セクション一覧へ
朝総連がまた民団に揺さぶり
大阪で初の韓日共同行動 
【映画】『きらめく拍手の音』(韓国)
韓・日破綻狙う「慰安婦工作」
北、ミサイル挑発持続 文政権は対北宥...
ブログ記事
6.25戦争勃発67周年に際して
新・浦安残日録(5)続・晩節の“選択”
『徒然草』における共感について
精神論〔1758年〕 第三部 第3章 記憶の広さについて
共感を考える研究会《第11回研究会のご案内》
自由統一
北無人機、THAADを撮影
こん睡状態で帰国
「6.15記念行事」共同開催不発
北、ICBM開発完了を宣言 
北の外貨獲得手段 多岐に


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません