ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-04-28 08:44:48
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2017年04月05日 04:36
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
法務省 差別や偏見に関する調査
日本在住の外国人対象に初めて実施

入居を断られた経験は4割 就職や職務での差別も残る

 法務省は3月31日、日本に住む外国人を対象に初めて実施した差別や偏見に関する調査結果を公表した。調査は昨年11~12月、18歳以上の中長期の在留資格を持つ外国人や特別永住者ら1万8500人を対象として行われた。回答を得た4252人のうち、国籍・地域別では中国が最も多く33%、韓国が22%、フィリピン7%などとなった。
過去5年間に日本で住居を探した2044人のうち、外国人であることや、日本人の保証人がいないことを理由に入居を断られた経験がある人は、それぞれ約4割だった。物件に「外国人お断り」と書かれているのを見てあきらめた人も約27%いた。
就職や職務での差別もあった。日本で仕事を探したり働いたことがある2788人のうち、「外国人であることを理由に就職を断られた経験がある」と答えた人は25%いた。
「同じ仕事をしているのに、賃金が日本人より低かった」と答えた人は20%、「外国人であることを理由に昇進できない」との回答は17%にのぼった。回答者の中に日本語での会話ができない人はほとんどいなかった。
全国の法務局・地方法務局には人権に関する相談窓口が設けられているが、知らない人が全体の8割以上を占めていたという。

2017-04-05 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
【投稿】 「慰安婦問題」と今後の韓日...
<朴前大統領逮捕>自由民主体制の危機 
国民主導のセヌリ党が発足 
大統領は最高司令官 敵が恐れる候補を...
日本籍同胞のための「包容策」 在外同...
ブログ記事
文在寅は‘宋旻淳の資料’に真剣に答えろ!
゛平壤に訊いて見たのが何が問題か”
中共「習近平の社会帝国主義」妄言を糾弾する
北を主敵と言わない文在寅
大統領は最高司令官、敵が恐れる候補を選ぼう!
自由統一
北の人権状況告発
韓米演習に合わせて挑発
北韓をテロ支援国再指定へ
「日本人漁民50人以上殺した」
「北の脅威を抑制」


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません