ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-10-18 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2017年04月05日 04:30
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
行き先は韓国から日本に 中国人観光客
追い風が吹くコリアタウン

 韓国のTHAAD(高高度防衛)ミサイル配備に反対する中国の報復の一つが「韓国観光禁止」だ。韓国旅行を予定していた中国人は、行き先を日本に替えているという。

 「韓国観光禁止」の影響は、中国人の観光客であふれていたソウルの明洞をはじめ、市内の空港型市中免税店、済州島などの観光地は開店休業状態に陥るほど打撃が大きいといわれる。
韓国メディアによると、中国天海クルーズは3月15日から5月30日まで予定されていた韓国経由の日程をすべて変更したという。済州や釜山など韓国の港への停泊計画を取り止めて、日本に振り替えていると伝えられた。
そうした中、東京のコリアタウンで韓流を楽しむ中国人の姿があった。日本は東京オリンピックを控え、観光客2000万人誘致を掲げたが、2015年に1973万人と目標に迫り、昨年は2403万人と、4年前倒しで目標を超えてしまった。今は4000万人にハードルを上げた。「日本政府観光局(JNTO)」の資料によると、昨年の訪日外国人2403万人のうち、中国人は637万人、韓国人は509万人だった。前年比それぞれ約27%の増加だ。韓中2カ国のみで全体の47・7%を占めるほど、日本のインバウンド業界は両国に依存しているといえるが、訪れる人が多いということは、何らかの魅力があるはずだ。
訪日韓国人は、15年から100万人を超えている。韓国の人口を考えると、10人に一人が昨年、日本を訪れたことになる。今回のTHAAD配備の影響で日本を訪れる中国人が増えると予想される中、韓国人や中国人が多く訪れる場所の一つが東京のJR新大久保駅周辺だ。東京最大のコリアタウンがある同地には、韓国人や中国人を相手にする免税店や量販店、飲食店が立ち並ぶ。
追い風も吹いている。3月17日にオープンした歌舞伎町観光バス駐車場だ。コリアタウンに接する通りには、以前から団体客を乗せた大型バスが頻繁に止まっており、周辺の住民から渋滞や騒音、排気ガスなどの苦情があった。また、取り締まりの目をかいくぐってゲリラ的に駐車するため、乗客は短時間しか滞在できなかった。
桜のシーズンに入った1日の土曜日はあいにくの雨だったが、歌舞伎町観光バス駐車場には昼頃に6台のバスが止まっていた。同駐車場は大型バスが9台止まれる。決して広くはないが、効果は大きい。観光客は焼き肉を食べ、免税店で買い物を楽しんでいた。
免税店の関係者は、「ショッピングを慌てずに楽しむことができ、売り上げにつながることを期待する」と話す。コリアタウンの韓流ショップの関係者は、「中国からの観光客は増えている状況だ。旅行先を韓国から日本に替えたという客もいたが、様子を見守る必要がある」と慎重な姿勢を見せている。

2017-04-05 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
「大韓民国が恥ずかしい」
韓中通貨スワップ期限切れ
反国家団体に便宜を図る文政権
北の核・ミサイルに「やめろ」
亀裂深まる韓米同盟
ブログ記事
朴槿恵大統領を釈放せよ、孫石煕(JTBC)を拘束せよ!
朴槿恵被告の拘束を延長してはならない8つの理由
国民にハングル専用を強いるな!
朴槿恵大統領弾劾の引き金だった「タブレットPCの正体」がついに明らかになった
朴槿恵大統領釈放要求デモ
自由統一
北韓が開城工団を再稼働
9億ドル超の借款 北の返済ゼロ
核・ミサイル開発に30億ドル
安保理の制裁可決
北の狙いは米との不可侵協定


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません