ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-04-22 08:40:21
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2017年04月05日 03:59
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
アジア経済短信

中国の宅配便取扱量が大幅増見込み

 中国における今年の宅配便取扱量が、前年比35%増の423億個に達する見込みだ。3月28日、中国国家郵政局が発表した。同局の発表によると、昨年の取扱量は51・4%増の312億8000万個で、1日あたりの平均取扱量は8571万個となった。最高では2億5000万個超えを記録している。今年の宅配業の売上高は、30%増の5165億元(約8兆3400億円)に達するとの予測が出ている。宅配業の現在の売上高は4000億元に到達する勢いを見せており、前年比では43・5%増加している。さらに、主要都市間における72時間以内の配達率は75・5%で、前年比1・6%増加した。

アリババ集団がマレーシアEC市場支援

 中国のEC(電子商取引)最大手・アリババ集団が、マレーシア政府との合意に基づき、同国のEC市場を支援することが明らかになった。アリババ集団は今後、クアラルンプール国際空港を運営するマレーシア・エアポーツ・ホールディングス(MAHB)と共同出資し、「デジタル自由貿易区」の構築を支援する計画だ。アリババ集団はさらに、マレーシアにおける人材育成支援やモバイル決済の仕組みも構築する。マレーシア政府は2020年までに、EC市場の成長率を現在の10・8%から20・8%へと、およそ2倍に引き上げる方針を掲げている。

韓国上位50ブランドの価値13.6兆円

 米国のブランドコンサルティング大手、インターブランド社の韓国法人は3月29日、韓国における企業ブランド価値ランキングを発表した。韓国企業のブランド価値で、トップはサムスン電子となり、資産価値は50兆7865億ウォン。次いで現代自動車(13兆8311億ウォン)、起亜自動車(6兆9773億ウォン)、IT大手のNAVER(4兆5039億ウォン)、通信大手のSKテレコム(3兆7670億ウォン)と続いた。一方、IT大手のカカオはブランド価値が前年比31%(6955億ウォン)上昇し、最大の上昇率となった。上位50ブランドの資産価値総額は、昨年比6%増加して136兆ウォン(約13兆6000億円)と算出された。

2017-04-05 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
【投稿】 「慰安婦問題」と今後の韓日...
<朴前大統領逮捕>自由民主体制の危機 
韓米演習に合わせて挑発
国民主導のセヌリ党が発足 
「検察の反乱」はどこまでか
ブログ記事
中共「習近平の社会帝国主義」妄言を糾弾する
北を主敵と言わない文在寅
大統領は最高司令官、敵が恐れる候補を選ぼう!
南在俊の従北左派との戦争宣言
南在俊、“思想犯が収監された刑務所を攻撃した者が補償を受けたかを究明する”
この一冊
『婦人会画報 絆』第1巻第4号
『婦人会画報 絆』第1巻第3号
『在日本大韓民国婦人会画報』第2号
菜食主義者
中国朝鮮族を生きる 旧満州の記憶
自由統一
北の人権状況告発
韓米演習に合わせて挑発
北韓をテロ支援国再指定へ
「日本人漁民50人以上殺した」
「北の脅威を抑制」


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません