ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-10-18 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 国際
2017年04月05日 03:48
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
緊迫した情勢対応のため 駐韓日本大使ら帰任

 長嶺安政駐韓大使と森本康敬駐釜山総領事が4日、韓国に帰任した。両人は、釜山の日本総領事館前に従軍慰安婦を象徴する少女像が設置されたことへの報復措置として、今年1月から日本に一時帰国していた。
帰任の理由について岸田文雄外相は、大統領選を控えての情報収集や、次期政権への対応を挙げた。北韓の核・ミサイルに対する連携強化も帰任の理由だ。
日本側が求めていた少女像の撤去には具体的な進展がないものの、岸田外相は長嶺大使が黄教安大統領代行と会って問題の解決にあたると説明した。
なお、1月20日から空席になっている駐韓米国大使の後任はまだ決まっていない。後任が決まっても米議会の批准が必要なため、着任は大統領選の後になる。

2017-04-05 1面
뉴스스크랩하기
国際セクション一覧へ
「大韓民国が恥ずかしい」
韓中通貨スワップ期限切れ
反国家団体に便宜を図る文政権
北の核・ミサイルに「やめろ」
亀裂深まる韓米同盟
ブログ記事
朴槿恵大統領を釈放せよ、孫石煕(JTBC)を拘束せよ!
朴槿恵被告の拘束を延長してはならない8つの理由
国民にハングル専用を強いるな!
朴槿恵大統領弾劾の引き金だった「タブレットPCの正体」がついに明らかになった
朴槿恵大統領釈放要求デモ
自由統一
北韓が開城工団を再稼働
9億ドル超の借款 北の返済ゼロ
核・ミサイル開発に30億ドル
安保理の制裁可決
北の狙いは米との不可侵協定


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません