ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-08-19 08:12:03
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2017年03月29日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
情報NETWORK

◆(公財)神奈川韓国綜合教育院 韓国料理教室
【神奈川】4月25日(火)~7月18日(火)、午前10時~正午、全4回、神奈川韓国綜合教育院本院で。簡単で手軽に作れる韓国料理を学ぶ。講師は陳龍湖氏。
第1回は「へムルパプ(海鮮丼)」、第2回は「味噌つけピビンパ」、第3回は「ところてん冷菜」、第4回は「冷風鶏肉スープ」。受講料4回計8000円。材料費込み。定員6~10人。
詳細問い合わせ、申し込み=公益財団法人神奈川韓国綜合教育院TEL045・753・2021。
E-mail:kkecnishi@kkec.jp

◆展示「上田正昭と高麗美術館」
【京都】4月3日(月)~7月17日(月・祝)、午前10時~午後5時、高麗美術館(京都市北区紫竹上岸町15番地)で。昨年死去した同館第2代館長、上田正昭氏の所蔵品「広開土王碑拓本」を展示。雨森芳洲をはじめとする朝鮮通信使資料などおよそ80点を公開。期間中毎月第3土・日曜はギャラリートークあり。
水曜休館(5月3日は開館)。入館料一般500円、高大生400円、中学生以下無料。4月30日(日)午後2時~4時半はハートピア京都で記念シンポジウム「上田正昭と私」を開催。入場無料。問い合わせ=高麗美術館TEL075・491・1192。
HP(http://www.koryomuseum.or.jp/)

◆2017年 韓国映画企画「7番房の奇跡」上映会
【東京】4月11日(火)、昼の部:15時~(開場14時30分)、夜の部:19時~(開場18時30分)韓国文化院ハンマダンホールで。韓国映画の魅力を支える助演俳優作品特集で行う上映会。昼の部は事前申し込み不要、当日先着300人。夜の部は事前申し込み制。募集人数300人。昼の部、夜の部ともに入場無料。夜の部観覧の申し込み締め切りは4月2日(日)。その他の詳細な問い合わせ=韓国文化院TEL03・3357・5970。
HP(http://www.koreanculture.jp/)

◆シンポジウム「ヘイトスピーチ解消法の実効化と人種差別撤廃基本法の実現に向けて」
【東京】4月15日(土)、午後2時~5時(午後1時半開場)、在日本韓国YMCA9階2.8国際ホール(東京都千代田区猿楽町2―5―5)で。ヘイトスピーチ解消法と部落差別解消法の実効化の課題と、包括的な人種差別禁止法の実現に向け、障害者差別解消法の過程と現状を照らし合わせながら共同課題を考える。資料代1000円(会員は500円)。基調報告では佐藤信行氏が「ヘイトスピーチ解消法と施行その後」をテーマに語る。第1部はパネリスト報告「障害者差別解消法、部落差別解消法、ヘイトスピーチ解消法に関する現状」。パネリストは障害者インターナショナル(DPI)の佐藤聡氏、部落解放同盟の西島藤彦氏、弁護士の師岡康子氏。第2部はシンポジウム「現場からの発言」や全体討論など。コーディネーターは弁護士の丹羽雅雄氏。問い合わせ=在日韓国人問題研究所(RAIK)TEL03・3202・5398。E-mail:raik@kccj.jp

2017-03-29 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
「朝鮮籍」の訪韓自由化を策動
「国基」を揺るがす文政権
【寄稿】「朝日」「ハンギョレ」両紙へ...
大企業・富裕層へ増税
熾烈な金融業トップ争い 上半期実績
ブログ記事
新・浦安残日録(7)
韓国も2カ月で核兵器を製造できる。日本は1週間で。
文在寅政権の脱原発政策を糾す
米合同参謀会議議長が訪韓
「ロウソク革命政権」が成功できない根源的理由
自由統一
またICBM 北、真夜中に発射
米本土届くICBM 米国社会に無力感も
制裁以外の有効打は 李相哲教授が講演
北無人機、THAADを撮影
こん睡状態で帰国


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません