ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-06-29 09:13:17
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2017年03月29日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
人と今 アジアの自由を守る日韓会日本本部事務局長 高在雲(コ・ジェウン)さん(51)
韓日が本当に仲良くなることを願う

 「日韓会」は、3月に日本で初めて「朴槿惠大統領弾劾反対」を主張して、都内で集会とデモ行進をした。それだけではなく、「アジアの平和は日韓友好から」と呼びかけ、「日米韓同盟の強化」「中国の侵略的行為中断」などを訴えた。

柔道整復師の資格を持つ

 釜山出身で来日20年以上になる。柔道整復師の資格を持ち、現在は埼玉県内の自宅で整骨院を開業する。日本人の妻と子どもが4人おり、長男は大学の医学部に在学中だ。
高さんの母親は、日本生まれで解放直後に帰国。幼い頃は、母親から日本での体験談を聞いて育った。将来は日本で暮らしてみたいとの想いが、いつもどこかにあった。大学卒業後、大手素材メーカーに勤めていたが、日本人の妻との結婚を機に来日した。
日本では、建築現場で職人として働いたが、仕事柄重いものを運んで腰を痛めることが多く、整骨院によく通った。治療で通っているうちに、柔道整復師の仕事に興味を持ち始め、専門学校に通って資格を取得した。
日本で長年生活する中で、今の冷え込んだ韓日関係や大統領弾劾など不安定な韓国政局に強い危機意識を持つようになった。祖国韓国と、家族が一緒に暮らす日本が、もっと仲良くなってほしいという気持ちから、昨年10月に韓国人と日本人の同じような立場にある仲間たちと「日韓会」を立ち上げた。「韓国と日本が本当に仲良くなることだけを願って、これからも活動を続けていきたい」と語った。

2017-03-29 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
朝総連がまた民団に揺さぶり
大阪で初の韓日共同行動 
【映画】『きらめく拍手の音』(韓国)
韓・日破綻狙う「慰安婦工作」
北、ミサイル挑発持続 文政権は対北宥...
ブログ記事
6.25戦争勃発67周年に際して
新・浦安残日録(5)続・晩節の“選択”
『徒然草』における共感について
精神論〔1758年〕 第三部 第3章 記憶の広さについて
共感を考える研究会《第11回研究会のご案内》
自由統一
制裁以外の有効打は 李相哲教授が講演
北無人機、THAADを撮影
こん睡状態で帰国
「6.15記念行事」共同開催不発
北、ICBM開発完了を宣言 


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません