ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-08-19 08:12:03
Untitled Document
ホーム > ニュース > 政治
2017年03月23日 08:46
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
日米の駐韓大使不在
韓日双方に早期決着望む声

 釜山の日本総領事館前の少女像設置への報復措置で、今年1月から日本に一時帰任中の長嶺安政駐韓大使は15日、自民党の会合に出席した。朴槿惠大統領の罷免が決まったことで、日本の一部では大使を早期に帰任させ、韓国の非常事態に備えるべきとの声が出ていた。
長嶺大使は会合で、外務省に出勤して韓国からの報告を受け、問題の処理にあたっていると話した。
駐韓米大使も後任が決まらない状態で、韓国の外交当局は、長嶺大使の早期帰任を求めている。外交部は2月、少女像が設置されている釜山市や同市東区などに文書を送付。移転を促したが、結果は出ていない。
日本側は像の撤去などがなければ帰任はないとの立場だが、韓国が左派政権になれば撤去がより困難になるとの見方もあり、一部では早期帰任案も浮上しているという。

2017-03-23 1面
뉴스스크랩하기
政治セクション一覧へ
「朝鮮籍」の訪韓自由化を策動
「国基」を揺るがす文政権
【寄稿】「朝日」「ハンギョレ」両紙へ...
大企業・富裕層へ増税
熾烈な金融業トップ争い 上半期実績
ブログ記事
新・浦安残日録(7)
韓国も2カ月で核兵器を製造できる。日本は1週間で。
文在寅政権の脱原発政策を糾す
米合同参謀会議議長が訪韓
「ロウソク革命政権」が成功できない根源的理由
自由統一
またICBM 北、真夜中に発射
米本土届くICBM 米国社会に無力感も
制裁以外の有効打は 李相哲教授が講演
北無人機、THAADを撮影
こん睡状態で帰国


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません