ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-06-23 07:56:17
Untitled Document
ホーム > ニュース > 芸能・スポーツ
2017年03月15日 21:11
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
ワールド・ベースボール・クラシック1次ラウンド敗退
課題残る韓国代表チーム

 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次ラウンドが終了した。韓国はソウルで開かれたA組のリーグ戦で1勝2敗の3位となり、1次ラウンド敗退が決まった。
イスラエル、オランダ、台湾と同じ組の韓国は当初、韓国初のドーム球場で開かれ、試合時間も韓国に有利というホームの利点があるため、1次ラウンドは通過できると予想されていた。しかし、初戦のイスラエルとの試合に延長の末に敗れ、後がなくなる。イスラエルは大会初出場で世界ランキングは41位だが、有力選手がそろっていた。
続くオランダ戦で0‐5の完封負けを喫した韓国は、ともに1次ラウンド敗退が決まっていた台湾との最終戦に臨んだ。試合は延長までもつれこみ、11‐8で韓国が勝利。負ければ次回大会は予選ラウンドからの参加となる中、最後に意地を見せた。
韓国は大リーガーが少なく、けが人も多かったとはいえ、野球ファンからの失望の声は大きい。
東京に住む韓国人は、「いつも日本と対等な実力だというが、今大会で実力がみえた」と批判した。実力だけでなく、戦略的にも負けたと酷評している。
一方、B組の日本は、東京ドームでキューバ、オーストラリア、中国を退け、3連勝で2次ラウンドに進出した。2次ラウンドは12日から東京ドームで行われ、初戦の日本‐オランダ戦はWBC史上初のタイブレークの末、日本が8‐6で勝っている。

2017-03-15 5面
뉴스스크랩하기
芸能・スポーツセクション一覧へ
朝総連がまた民団に揺さぶり
大阪で初の韓日共同行動 
【映画】『きらめく拍手の音』(韓国)
北、ミサイル挑発持続 文政権は対北宥...
韓・日破綻狙う「慰安婦工作」
ブログ記事
新・浦安残日録(5)続・晩節の“選択”
『徒然草』における共感について
精神論〔1758年〕 第三部 第3章 記憶の広さについて
共感を考える研究会《第11回研究会のご案内》
張夏成(文在寅大統領の政策室長)の二極化主張の虚構
自由統一
北無人機、THAADを撮影
こん睡状態で帰国
「6.15記念行事」共同開催不発
北、ICBM開発完了を宣言 
北の外貨獲得手段 多岐に


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません