ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-09-20 13:48:19
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2017年03月15日 14:19
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
KOTRA 大阪で韓国人材合同企業説明会
グローバルな活路に期待

 大韓貿易投資振興公社(KOTRA)大阪貿易館は9日、大阪市中央区のシティプラザ大阪で、第6回韓国人材合同企業説明会を開いた。

企業説明会のもよう

 これは、日本に留学している韓国人大学生や大学院生を中心とする求職者に、国際性のある企業を紹介するもので、130人の応募があり、この日は70人が面接、企業側の説明を受けていた。
グローバル人材は、韓国語、日本語、そして英語などが堪能な人材のことで、その語学力を生かしての国際的な活動が期待されている。このイベントを主催している同貿易館の孫昊吉チーム長は、「優秀な韓国人を、日本企業や本国の企業などに紹介できればと思っている。採用されて、世界を飛び回り活躍してくれれば、なおうれしい」と話していた。
主な参加企業は、関西航空サービス、スイスポートジャパン、JTC、サクラインターナショナル、野村工務店、電子技研、豫洲短板産業、富士テクノ工業、太洋工業、アドテックプラズマテクノロジー、日本ケイテム、日本駐車場開発、都商事ホールディングス、パナシアジャパン、GSジャパン、POSCO大宇ジャパン、ハンセム、ビジネスソフト、ZIQCOM、パソナテック、アールシースタッフ、デジプレート、アクターリアリティー。

2017-03-15 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
日韓トンネルで講演会
[動画] 世界一恐怖の水素爆弾
【パチンコ規則改正を読む】小規模ホー...
李洙勲慶南大教授 新駐日大使に内定
文在寅は最高司令官職から直ちに降りろ
ブログ記事
新・浦安残日録(8)
「星州の赤い月」、THAAD配備反対暴動は青瓦台が使嗾
東アジアの「核のドミノ」は始まるのか
精神論〔1758年〕 第三部 第4章 注意力の不等性について
文在寅大統領、‘韓日軍事情報保護協定’に反対する人物を新任駐日大使に内定
自由統一
安保理の制裁可決
北の狙いは米との不可侵協定
北、ミサイル発射 
またICBM 北、真夜中に発射
米本土届くICBM 米国社会に無力感も


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません