ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-09-20 13:48:19
Untitled Document
ホーム > ニュース > 政治
2017年03月15日 12:31
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
対立激化に自制求める
対国民談話

 黄教安・大統領権限代行は10日の憲法裁の判断を受け、同日中に対国民談話を発表した。
黄権限代行は、大統領が罷免されたことについて、「重い責任を感じ、国民のみなさんに心から申し訳ないと伝えたい」と述べた。その上で、強い覚悟を持って国政に取り組んでいく考えも示した。
弾劾賛成派と反対派の対立はさらに深まっている。10日には死傷者が出る事態に発展した。黄権限代行はこうした状況を危惧し「憲法裁判所の決定を尊重しなければなりません。今は到底納得できず、承服しにくいという方もおられるでしょう。しかし、(中略)これ以上場外集会を介して葛藤と対立を拡大するようなことは好ましくありません」と自制を求めた。
一方、黄権限代行は北韓の核の脅威や経済不安、次期大統領選などを念頭に、国家の安定に尽力する考えも明らかにした。

2017-03-15 1面
뉴스스크랩하기
政治セクション一覧へ
日韓トンネルで講演会
[動画] 世界一恐怖の水素爆弾
【パチンコ規則改正を読む】小規模ホー...
李洙勲慶南大教授 新駐日大使に内定
文在寅は最高司令官職から直ちに降りろ
ブログ記事
新・浦安残日録(8)
「星州の赤い月」、THAAD配備反対暴動は青瓦台が使嗾
東アジアの「核のドミノ」は始まるのか
精神論〔1758年〕 第三部 第4章 注意力の不等性について
文在寅大統領、‘韓日軍事情報保護協定’に反対する人物を新任駐日大使に内定
自由統一
安保理の制裁可決
北の狙いは米との不可侵協定
北、ミサイル発射 
またICBM 北、真夜中に発射
米本土届くICBM 米国社会に無力感も


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません