ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-12-13 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2017年03月08日 20:33
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
人と今 岡山大学大学院医歯薬総合研究科准教授 金惠淑(キム・ヘスク)さん(49)
マラリア治療薬の候補物質発見

 昨年、肌に塗る軟こうタイプのマラリア治療薬の候補物質を開発した。日本では「過去の感染症」と思われがちだが、マラリアは今も世界100カ国以上で年間2億人以上の感染者を生み、66万人もの命を奪っている。

岡山大学で博士号を取得

 死亡者の9割は5歳未満の乳幼児だ。既存の飲み薬タイプの治療薬は、苦くて飲みにくく、軟こうは乳幼児の治療を容易にすると期待されている。
慶尚南道・統営出身。韓国の大学で自然科学を専攻し、授業でノーベル化学賞にも輝いた遺伝子増幅技術のPCR(ポリメラーゼ連鎖反応)法を学び、「いろいろな病気が早く診断できて、治療に役に立つのではないか」と思った。92年、熱帯病の遺伝子診断方法の開発研究で知られる岡山大学大学院薬学研究科に留学。本格的に研究を始めた。
マラリアを研究することになったのは、指導教授がその分野の専門家だったこともあるが、韓国では60年代に撲滅宣言が出されていたマラリアが、なぜか90年代初めに再び発生したことを知り、研究テーマに設定した。その後も研究を続け、岡山大学で博士号を取得し、研究者として就職した。岡山で暮らしはじめてもう25年が経つ。
現在の研究成果は「マラリア患者に効くと思われる新しい医薬品の候補物質を見つけた段階」という金さん。今後は、その成果を企業に技術移転して実用化していくことが課題となっている。

2017-03-08 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(2)
韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(3)
積弊清算の終着点となった李明博元大統領
韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(4)
大統領らの内乱行為を指摘 
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第5章 私達の魂に働きかける諸力について
検察とJTBCが共謀した反乱の証拠、「タブレットPC」の真実
沈在哲国会副議長の警告通り、今が内乱中であるがどうかを徹底して討論してみよう!
大韓民国を‘スパイたちの天国’にすると決めたか
‘金日成主義者たち’を大挙重用したのはなぜか
自由統一
金正恩の出方を探る国連
金正恩、核武力の完成を宣言
北漁船の漂着相次ぐ
米、北韓をテロ支援国に指定
北韓が開城工団を再稼働


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません