ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-08-17 08:12:33
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2017年03月08日 16:08
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
科技協、都内で合同分科会
女性参加者も増加

 在日韓国科学技術者協会(張甲淳会長)は2月25日、東京の韓国中央会館で第8回合同分科会を開いた。
大学院生や研究者ら100人が集まり、日頃の研究成果などを発表した。招待講演では、家泰弘東京大学名誉教授が「日本の基礎科学振興」について特別講演し、金惠淑岡山大学准教授が「新しいマラリア治療剤開発のための基礎研究」と題して研究講演した。
韓国人留学生を中心にした各専門分野のポスター発表が行われ、YGF(ヤングジェネレーションフォーラム)分科会では、在日会員がそれぞれの職場での経験を話した。朴載源副会長は「女性分科会が昨年できたこともあってか、今年は女性の参加者が多かったようだ」と述べた。

参加者の研究も掲示された
2017-03-08 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
東京でも「金正恩を許すな」
「朝鮮籍」の訪韓自由化を策動
「国基」を揺るがす文政権
米上院、中国企業に制裁案 
大企業・富裕層へ増税
ブログ記事
韓国も2カ月で核兵器を製造できる。日本は1週間で。
文在寅政権の脱原発政策を糾す
米合同参謀会議議長が訪韓
「ロウソク革命政権」が成功できない根源的理由
‘北韓革命’をもって向かい火を放つ
自由統一
またICBM 北、真夜中に発射
米本土届くICBM 米国社会に無力感も
制裁以外の有効打は 李相哲教授が講演
北無人機、THAADを撮影
こん睡状態で帰国


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません