ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-06-24 08:06:40
Untitled Document
ホーム > ニュース > 政治
2017年03月08日 10:53
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
「太極旗革命」で国家正常化を
「自由民主体制を護る」地方や海外からも

 3・1節を迎えたソウル。光化門からソウル市庁一帯は、意見が相反する二つの市民集団で埋め尽くされた。集会は、どちらに勢いがあるのかを測るという意味でも注目されたが、ロウソクは早々に敗れた。
太極旗集会側の勢いは相当なものだった。早朝から全国各地の人々が集結し始め、行事が開催される午後2時頃には、世宗路と鍾路、乙支路入口まで、ソウル都心の大通りは市民で埋め尽くされた。同窓会、懇親会、郷友会、山岳会、教会など、様々な背景を持つ老若男女だった。
「国を守る」という保守の集会に非常に多くの市民が集まったことに、デモ当事者でさえ「本当に多い」と感嘆の声を何度も漏らした。
韓国メディアが「国民の8割が支持する」というロウソク集会は、規模と熱気において太極旗とは勝負にすらならなかった。主催側発表の参加人数を単純比較しても、500万人対30万人と、最初から勝負にならなかった。
警察は、二つの集会がせめぎあう光化門交差点に車両を並べて衝突を防ごうとしたが、不祥事は起こらなかった。その余地すらないほど勢いの差は大きかった。3・1集会は、太極旗の完璧なKO勝ちだった。
慶北・高霊から上京した60代の参加者は、「愛国同志たちと行動をともにしたく、集会に参加した」と強調した。現場には、現在の時局を国家の危機と捉える人々が多かった。徹夜でのり巻き500本を巻いてきた江原道の女性や、太極旗数千本を買って配布した元公務員、タクシー代を負担して集会参加者を連れてきた経営者など、さまざまな話題の人物が登場した。
怒りの声も聞かれた。特に大統領が弾劾されるように誘導した国会を解散し、メディアを弾劾しなければならないという怒りは大きかった。新聞を広げ、テレビをつければ、「悪い大統領の弾劾」という報道一色だが、それは扇動であり、巨大な陰謀の結果という主張だ。大統領弾劾の報道を先導した朝鮮日報は、この数カ月、読者の減少が顕著だといわれている。
98年前、帝国主義・日本に対抗し、太極旗を手に「大韓独立万歳」を叫んだその日、韓国国民は危機に瀕する国を救うため、再び太極旗を持って通りを埋め尽くした。
(ソウル=李民晧)

2017-03-08 1面
뉴스스크랩하기
政治セクション一覧へ
朝総連がまた民団に揺さぶり
大阪で初の韓日共同行動 
【映画】『きらめく拍手の音』(韓国)
北、ミサイル挑発持続 文政権は対北宥...
韓・日破綻狙う「慰安婦工作」
ブログ記事
6.25戦争勃発67周年に際して
新・浦安残日録(5)続・晩節の“選択”
『徒然草』における共感について
精神論〔1758年〕 第三部 第3章 記憶の広さについて
共感を考える研究会《第11回研究会のご案内》
自由統一
北無人機、THAADを撮影
こん睡状態で帰国
「6.15記念行事」共同開催不発
北、ICBM開発完了を宣言 
北の外貨獲得手段 多岐に


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません