ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-08-19 08:12:03
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2017年03月02日 00:52
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
今週の人言

「今の改憲論議は現実性がない」-慶尚南道知事 洪準杓
洪知事は2月22日、釜山での講演の前に「現実性のない改憲を巡り、あれこれ言うのは、次期大統領選挙に自信のない勢力がもがいているにすぎない」と述べた。保守層の大統領候補者の一人といわれる洪知事は、「DJ(金大中)、YS(金泳三)、朴槿惠大統領も改憲を約束したが、すべて覆した」と語った。「私は改憲に反対したのではないが、今では実現の可能性はないと判断している」と付け加えた。

「個人的利益を得たことはない」-韓国大統領 朴槿惠
朴槿惠大統領は2月27日に開かれた憲法裁判所の弾劾審判最終弁論で、国会の弾劾訴追事由について、書面で反論に出た。朴大統領は、「私は20年間の政治活動で一度も不正腐敗に関与してこなかった。国家と国民のため信念をもって行った政策が、私や特定の個人利益のためだという数多い誤解と疑惑に包まれて、すべてが不正だと認識されて惨めだ」と述べた。また「私の個人利益と特定人を助けるために、大統領の権限を乱用したり、行使した事実はない」と訴えた。

2017-03-01 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
「朝鮮籍」の訪韓自由化を策動
「国基」を揺るがす文政権
大企業・富裕層へ増税
【寄稿】「朝日」「ハンギョレ」両紙へ...
熾烈な金融業トップ争い 上半期実績
ブログ記事
韓国も2カ月で核兵器を製造できる。日本は1週間で。
文在寅政権の脱原発政策を糾す
米合同参謀会議議長が訪韓
「ロウソク革命政権」が成功できない根源的理由
‘北韓革命’をもって向かい火を放つ
自由統一
またICBM 北、真夜中に発射
米本土届くICBM 米国社会に無力感も
制裁以外の有効打は 李相哲教授が講演
北無人機、THAADを撮影
こん睡状態で帰国


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません