ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-07-22 08:15:32
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2017年03月02日 00:42
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
人と今 陶芸家・墨彩画家 李康則(り・やすのり)さん(74)
「作品はわが子のようなもの」

 日曜の午後、工房には仲睦まじげなカップルと、ろくろの前で作品と格闘している男性と女性が一人ずつ。「お昼をみんなで食べたら結構帰っちゃったんです」と笑う李さん主宰の「まだん陶房」は、今年でオープン20年になる。

作品を手に取る李さん

 1943年、長野県生まれ。芸術に興味はあったが、食べていける保証はない。事業をしながら資金をため、40歳を過ぎて工芸画廊を開いた。
それから3年後、「焼き物ができるまでのプロセスを知らないと…」と思い、陶芸を始めた。3カ月後、全日本アマチュア陶芸コンテストで最優秀賞を受賞。「間違いじゃないか」と思ったが、今は「朴訥なのが評価されたのかな」と振り返る。ちなみに李さんは、墨彩画家としても有名。陶芸の絵付けには李朝民画をモチーフにしたものもある。
受賞作を見せてくれないかと頼むと、「どこかへいってしまったんです」との返事が。だが、決して作品に無頓着なわけではない。どんなに出来が悪くても、何とか生かせないかと工夫する。
「よく陶芸家が気に入らない作品を割るイメージがあるじゃないですか。そんなことはしません。みんなかわいい、子どものようなものです」
酒を愛す。行きつけの店には「マイぐい〓み」や「マイタンブラー」がある。どれくらい飲むのかと聞くと、「適量です。酒を飲む人とそうでない人では、酒器を作るのに違いが出てきますから」と、はぐらかされてしまった。

2017-03-01 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
文在寅政権の全体主義独裁を警告する
韓国企業、日本人学生に人気 ~在日の...
「革命政権」に冷淡な同盟 
東京でも「金正恩を許すな」
大統領の国憲びん乱 
ブログ記事
涙の七夕・・・父の四九日、永久のお別れ
新・浦安残日録(6)
You Raise me Up
6.25戦争勃発67周年に際して
新・浦安残日録(5)続・晩節の“選択”
自由統一
米本土届くICBM 米国社会に無力感も
制裁以外の有効打は 李相哲教授が講演
北無人機、THAADを撮影
こん睡状態で帰国
「6.15記念行事」共同開催不発


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません