ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-06-24 08:06:40
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2017年03月02日 00:40
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
東野圭吾・村上春樹が上位
日本の小説 この10年の人気作は?

 韓国最大手書店の教保文庫は、2007年から16年までの最も売れた日本の小説を発表した。10年間の累積販売1位は東野圭吾の「ナミヤ雑貨店の奇蹟」、2位は村上春樹の「1Q84」、3位に奥田英朗の「空中ブランコ」がランクインした。
販売上位30位の中で東野圭吾の作品が8本、村上春樹の作品が4本、江國香織の作品が4本となり、3人の作家で半分以上を占めた。10位以内では奥田英朗の「空中ブランコ」と江國香織の「冷静と情熱のあいだ」を除けば、東野圭吾と村上春樹の二人の作品が4本ずつになった。二人の作家が韓国の読者にどれだけ人気があるかを証明する結果になった。
文学評論家のホ・ヒ氏は、日本文学が韓国で愛される理由として「日本の小説作品は西欧圏に比べて文化的に親しみがあるためだ」とし、「次から次へとさまざまな作品が韓国語に翻訳され、紹介されることが日本の小説が持つ最大の強みだ。数年後にリストを調べると、順位はだいぶ変わっているだろう。この原動力こそ日本の小説の底力である」と分析した。

2017-03-01 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
朝総連がまた民団に揺さぶり
大阪で初の韓日共同行動 
【映画】『きらめく拍手の音』(韓国)
北、ミサイル挑発持続 文政権は対北宥...
韓・日破綻狙う「慰安婦工作」
ブログ記事
6.25戦争勃発67周年に際して
新・浦安残日録(5)続・晩節の“選択”
『徒然草』における共感について
精神論〔1758年〕 第三部 第3章 記憶の広さについて
共感を考える研究会《第11回研究会のご案内》
自由統一
北無人機、THAADを撮影
こん睡状態で帰国
「6.15記念行事」共同開催不発
北、ICBM開発完了を宣言 
北の外貨獲得手段 多岐に


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません