ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-04-28 08:44:48
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2017年03月02日 00:40
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
東野圭吾・村上春樹が上位
日本の小説 この10年の人気作は?

 韓国最大手書店の教保文庫は、2007年から16年までの最も売れた日本の小説を発表した。10年間の累積販売1位は東野圭吾の「ナミヤ雑貨店の奇蹟」、2位は村上春樹の「1Q84」、3位に奥田英朗の「空中ブランコ」がランクインした。
販売上位30位の中で東野圭吾の作品が8本、村上春樹の作品が4本、江國香織の作品が4本となり、3人の作家で半分以上を占めた。10位以内では奥田英朗の「空中ブランコ」と江國香織の「冷静と情熱のあいだ」を除けば、東野圭吾と村上春樹の二人の作品が4本ずつになった。二人の作家が韓国の読者にどれだけ人気があるかを証明する結果になった。
文学評論家のホ・ヒ氏は、日本文学が韓国で愛される理由として「日本の小説作品は西欧圏に比べて文化的に親しみがあるためだ」とし、「次から次へとさまざまな作品が韓国語に翻訳され、紹介されることが日本の小説が持つ最大の強みだ。数年後にリストを調べると、順位はだいぶ変わっているだろう。この原動力こそ日本の小説の底力である」と分析した。

2017-03-01 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
【投稿】 「慰安婦問題」と今後の韓日...
<朴前大統領逮捕>自由民主体制の危機 
国民主導のセヌリ党が発足 
大統領は最高司令官 敵が恐れる候補を...
日本籍同胞のための「包容策」 在外同...
ブログ記事
文在寅は‘宋旻淳の資料’に真剣に答えろ!
゛平壤に訊いて見たのが何が問題か”
中共「習近平の社会帝国主義」妄言を糾弾する
北を主敵と言わない文在寅
大統領は最高司令官、敵が恐れる候補を選ぼう!
自由統一
北の人権状況告発
韓米演習に合わせて挑発
北韓をテロ支援国再指定へ
「日本人漁民50人以上殺した」
「北の脅威を抑制」


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません