ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-03-29 19:50:49
Untitled Document
ホーム > ニュース > 芸能・スポーツ
2017年03月01日 14:36
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
男子の活躍目立つ
札幌アジア大会 韓国2位

平昌へ 収穫の冬
李承勲は金4個

 2月26日、札幌で開かれていた冬季アジア大会が閉幕した。金メダル15個・総合3位以内を目指していた韓国代表は、目標を上回る好成績を上げた。金メダル16個・総合2位、来年の平昌五輪に出場濃厚な選手も結果を残し、期待が高まる大会となった。
3年前のソチ五輪、韓国は久しぶりに低調な結果に甘んじた。特に2010年のバンクーバー大会で韓国に四つの金メダルをもたらした男子は、ソチで金メダルゼロに終わった。
今大会は男子が気を吐いた。スピードスケートの5000メートルと1万メートル、団体追い抜き、マススタートで優勝したのは李承勲。個人4冠は韓国人選手として初の快挙だ。バンクーバーで金・銀二つのメダルを取った李承勲は、ソチでは個人のメダルを逃した。来年は30歳。ベテランの域に入って記録も伸び悩んでいたが、本人は「今大会を通じて自信を取り戻した」と、メダル以上の収穫に満足げだ。弱冠17歳のキム・ミンソクは、男子1500メートルなど2種目を制した。韓国男子スケート陣は、過去最高の成績でアジア大会を終えた。
これまで韓国が不得手としてきたスキーでも結果が出た。アルペンスキーの男子回転では鄭東鉉が優勝。クロスカントリーの男子スプリントクラシカルは、ノルウェー人の父を持つキム・マグナスが制した。ただ、アジア大会のスキー競技は決して世界トップレベルの争いとはいいがたく、五輪までにはさらなる強化が求められる。
女子はスピードスケート・ショートトラックなどで安定した強さを見せた。また、フィギュアスケートでは崔多彬が自己ベストを更新し、韓国勢としては史上初の金メダルを獲得した。

2017-03-01 3面
뉴스스크랩하기
芸能・スポーツセクション一覧へ
ソウルで太極旗集会の現場から…
「日本人漁民50人以上を殺した」
太極旗革命をもって大韓民国の未来を
親族虐殺者の部下を認めた朝総連
朴大統領 弾劾決定
ブログ記事
ブログの読者各位 『新・浦安残日録』(号外)
新・浦安残日録(3) 晩節の〝選択〟
”若い世代が統一のための体力を作る”、韓国若者たちの誓い
国会内に大韓民国の敵がいると一喝する金鎮台議員
禹鍾昌記者が憲法裁判官8人を相手に損害賠償訴訟を提起
この一冊
『婦人会画報 絆』第1巻第4号
『婦人会画報 絆』第1巻第3号
『在日本大韓民国婦人会画報』第2号
菜食主義者
中国朝鮮族を生きる 旧満州の記憶
自由統一
北の人権状況告発
韓米演習に合わせて挑発
北韓をテロ支援国再指定へ
「日本人漁民50人以上殺した」
「北の脅威を抑制」


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません