ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-12-13 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2017年03月01日 14:30
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
小学生100人を選抜
新韓銀行 累計6000人に226億ウオン支給

 「厳しい経済環境にもかかわらず、向学心が強い次世代を支援し、国家人材を育成したい」。新韓金融グループ(韓東禹会長)の奨学事業趣旨である。

新韓奨学財団授与式

 新韓金融は2月23日、ソウル市中区世宗大路の新韓銀行本店で「2017年度新韓奨学財団奨学証書授与式」を開き、今年選抜された100人の奨学生に奨学証書を授与した。
奨学生には、毎学期の授業料と別途の学業補助金および教材費が奨学金として支給され、ボランティアと奨学キャンプなど多様な活動参加の機会が提供される。
新韓金融は、06年新韓奨学財団を設立、昨年まで計6031人に約226億ウォンの奨学金を支給してきた。新韓奨学財団は、新韓銀行、新韓カードをはじめグループ内七つの子会社が拠出した1000億ウォンを財源に奨学事業を運営している。
同財団は、奨学事業のほかに、成績が優秀な大学生と中・高生を、「メンター」と「メンティ」としてつなげ学習機会を提供するメンタリング奨学事業、殉職有功者(警察官、消防官、海洋警察官)子弟奨学事業なども実施している。
新韓奨学財団関係者は「韓国には、相変わらず経済的条件により未来の夢をあきらめなければならない人材が多い」と述べ、「今後も未来の人材が環境に屈することなく、夢に向かって進めるように支援していく」と明らかにした。
(ソウル=李民晧)

2017-03-01 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(2)
韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(3)
積弊清算の終着点となった李明博元大統領
韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(4)
大統領らの内乱行為を指摘 
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第5章 私達の魂に働きかける諸力について
検察とJTBCが共謀した反乱の証拠、「タブレットPC」の真実
沈在哲国会副議長の警告通り、今が内乱中であるがどうかを徹底して討論してみよう!
大韓民国を‘スパイたちの天国’にすると決めたか
‘金日成主義者たち’を大挙重用したのはなぜか
自由統一
金正恩の出方を探る国連
金正恩、核武力の完成を宣言
北漁船の漂着相次ぐ
米、北韓をテロ支援国に指定
北韓が開城工団を再稼働


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません