ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-06-24 08:06:40
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2017年03月01日 14:30
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
小学生100人を選抜
新韓銀行 累計6000人に226億ウオン支給

 「厳しい経済環境にもかかわらず、向学心が強い次世代を支援し、国家人材を育成したい」。新韓金融グループ(韓東禹会長)の奨学事業趣旨である。

新韓奨学財団授与式

 新韓金融は2月23日、ソウル市中区世宗大路の新韓銀行本店で「2017年度新韓奨学財団奨学証書授与式」を開き、今年選抜された100人の奨学生に奨学証書を授与した。
奨学生には、毎学期の授業料と別途の学業補助金および教材費が奨学金として支給され、ボランティアと奨学キャンプなど多様な活動参加の機会が提供される。
新韓金融は、06年新韓奨学財団を設立、昨年まで計6031人に約226億ウォンの奨学金を支給してきた。新韓奨学財団は、新韓銀行、新韓カードをはじめグループ内七つの子会社が拠出した1000億ウォンを財源に奨学事業を運営している。
同財団は、奨学事業のほかに、成績が優秀な大学生と中・高生を、「メンター」と「メンティ」としてつなげ学習機会を提供するメンタリング奨学事業、殉職有功者(警察官、消防官、海洋警察官)子弟奨学事業なども実施している。
新韓奨学財団関係者は「韓国には、相変わらず経済的条件により未来の夢をあきらめなければならない人材が多い」と述べ、「今後も未来の人材が環境に屈することなく、夢に向かって進めるように支援していく」と明らかにした。
(ソウル=李民晧)

2017-03-01 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
朝総連がまた民団に揺さぶり
大阪で初の韓日共同行動 
【映画】『きらめく拍手の音』(韓国)
北、ミサイル挑発持続 文政権は対北宥...
韓・日破綻狙う「慰安婦工作」
ブログ記事
6.25戦争勃発67周年に際して
新・浦安残日録(5)続・晩節の“選択”
『徒然草』における共感について
精神論〔1758年〕 第三部 第3章 記憶の広さについて
共感を考える研究会《第11回研究会のご案内》
自由統一
北無人機、THAADを撮影
こん睡状態で帰国
「6.15記念行事」共同開催不発
北、ICBM開発完了を宣言 
北の外貨獲得手段 多岐に


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません