ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-03-28 11:54:57
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2017年03月01日 14:20
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
人と人をつなぐ「INTO」
新モバイル名刺管理アプリ

 人と人をつなぐ新しいモバイル名刺管理アプリ「INTO」(http://www.into.co.jp)が世界各地でサービスを開始している。現在すでに英語・韓国語・日本語でのサービスを始めており、入力可能なおよそ30カ国の翻訳機能サービスも提供している。

意気込みを語る南社長

 新しい名刺管理アプリ会社「INTO」を設立し代表取締役を務めるのは、東京韓国青年商工会で活動し、民団東京品川支部支団長を歴任した南圭吉さん(59)だ。これまで不動産賃貸業を営んできた南社長にとっては、新しいビジネス世界へのチャレンジとなった。
南社長は2月22日、都内のホテルで会社設立謝恩パーティーを開き、新たなモバイルビジネスについて関係者らに説明を行った。「INTO」は、既存の名刺管理アプリをさらに進化させたものだ。単に名刺を保存管理するだけではなく、名刺交換した人と人をチャットでつないで、自動翻訳機能もついている。また、電子商取引や仮想通貨での決済なども可能となっている。同社のアプリサービスは、スタートしたばかりだ。今年秋ごろを目標に、名刺管理から人脈管理、電子商取引など様々なサービス機能を順次オープンさせていく計画だ。
さらに南社長は、韓国全羅南道麗水・華陽地区で、同社が300万平方メートルの観光団地開発事業を推進していることも発表した。3月頃に詳しい事業計画資料を関係者らに配布する予定だ。
積極的に新規事業を展開する南社長は「今も活躍する先輩たちを見ながら、私もここでもう一度奮起したいと思った」と意気込みを語った。

2017-03-01 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
ソウルで太極旗集会の現場から…
「日本人漁民50人以上を殺した」
太極旗革命をもって大韓民国の未来を
親族虐殺者の部下を認めた朝総連
朴大統領 弾劾決定
ブログ記事
ブログの読者各位 『新・浦安残日録』(号外)
新・浦安残日録(3) 晩節の〝選択〟
”若い世代が統一のための体力を作る”、韓国若者たちの誓い
国会内に大韓民国の敵がいると一喝する金鎮台議員
禹鍾昌記者が憲法裁判官8人を相手に損害賠償訴訟を提起
この一冊
『婦人会画報 絆』第1巻第4号
『婦人会画報 絆』第1巻第3号
『在日本大韓民国婦人会画報』第2号
菜食主義者
中国朝鮮族を生きる 旧満州の記憶
自由統一
「日本人漁民50人以上殺した」
「北の脅威を抑制」
「在日米軍が標的」
遺体は誰か 死因は何か
暗殺で北の外交関係揺らぐ


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません