ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-06-29 09:13:17
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2017年03月01日 14:20
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
人と人をつなぐ「INTO」
新モバイル名刺管理アプリ

 人と人をつなぐ新しいモバイル名刺管理アプリ「INTO」(http://www.into.co.jp)が世界各地でサービスを開始している。現在すでに英語・韓国語・日本語でのサービスを始めており、入力可能なおよそ30カ国の翻訳機能サービスも提供している。

意気込みを語る南社長

 新しい名刺管理アプリ会社「INTO」を設立し代表取締役を務めるのは、東京韓国青年商工会で活動し、民団東京品川支部支団長を歴任した南圭吉さん(59)だ。これまで不動産賃貸業を営んできた南社長にとっては、新しいビジネス世界へのチャレンジとなった。
南社長は2月22日、都内のホテルで会社設立謝恩パーティーを開き、新たなモバイルビジネスについて関係者らに説明を行った。「INTO」は、既存の名刺管理アプリをさらに進化させたものだ。単に名刺を保存管理するだけではなく、名刺交換した人と人をチャットでつないで、自動翻訳機能もついている。また、電子商取引や仮想通貨での決済なども可能となっている。同社のアプリサービスは、スタートしたばかりだ。今年秋ごろを目標に、名刺管理から人脈管理、電子商取引など様々なサービス機能を順次オープンさせていく計画だ。
さらに南社長は、韓国全羅南道麗水・華陽地区で、同社が300万平方メートルの観光団地開発事業を推進していることも発表した。3月頃に詳しい事業計画資料を関係者らに配布する予定だ。
積極的に新規事業を展開する南社長は「今も活躍する先輩たちを見ながら、私もここでもう一度奮起したいと思った」と意気込みを語った。

2017-03-01 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
朝総連がまた民団に揺さぶり
大阪で初の韓日共同行動 
【映画】『きらめく拍手の音』(韓国)
韓・日破綻狙う「慰安婦工作」
北、ミサイル挑発持続 文政権は対北宥...
ブログ記事
6.25戦争勃発67周年に際して
新・浦安残日録(5)続・晩節の“選択”
『徒然草』における共感について
精神論〔1758年〕 第三部 第3章 記憶の広さについて
共感を考える研究会《第11回研究会のご案内》
自由統一
制裁以外の有効打は 李相哲教授が講演
北無人機、THAADを撮影
こん睡状態で帰国
「6.15記念行事」共同開催不発
北、ICBM開発完了を宣言 


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません