ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-10-18 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 政治
2017年03月01日 14:04
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
山を迎えた「弾劾政変」

 昨年末から続いていた韓国の「弾劾政局」が、いったん区切りを迎えることになりそうだ。崔順実被告の国政介入疑惑を調査してきた特別検察チームの捜査が、予定どおり2月28日で打ち切られた。特検側は捜査期間の延長を求めていたが、黄教安・大統領権限代行は認めなかった。朴槿惠大統領の弾劾が妥当かどうかを審理する憲法裁判所も、3月中に結論を出す予定だ。
特検チームは、最後まで朴大統領との対面捜査にこだわったが、透明性と公正性の確保の点で大統領側と意見が合わず、実施できなかったと述べた。
一方、憲法裁判所は2月27日、最終弁論を開いた。朴大統領は代理人に託した書面で、あらためて訴追事由のすべてを否定した。
朴大統領は機密漏洩疑惑について「各種演説の重要なポイントは、補佐陣と相談して作成した」点を強調。ただ、一般国民にはわかりづらい表現がたびたびあったため、簡単な表現のアドバイスを仰いだことはあったと説明した。
崔被告の推薦で一部の公職者人事を行ったとする疑惑については、推薦や便宜供与のかわりに任命したことはないと否定した。

2017-03-01 1面
뉴스스크랩하기
政治セクション一覧へ
韓中通貨スワップ期限切れ
反国家団体に便宜を図る文政権
亀裂深まる韓米同盟
太極旗の粘り強い抵抗
在外選挙、日本低調 関心の低さ浮き彫りに
ブログ記事
「共産主義者・文在寅を逮捕せよ」(朴槿恵大統領釈放を要求する示威、10月21日)
朴槿恵大統領を釈放せよ、孫石煕(JTBC)を拘束せよ!
朴槿恵被告の拘束を延長してはならない8つの理由
国民にハングル専用を強いるな!
朴槿恵大統領弾劾の引き金だった「タブレットPCの正体」がついに明らかになった
自由統一
北韓が開城工団を再稼働
9億ドル超の借款 北の返済ゼロ
核・ミサイル開発に30億ドル
安保理の制裁可決
北の狙いは米との不可侵協定


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません