ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-10-18 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2017年02月22日 21:59
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
AIの次は「口蹄疫」発生
強力な対策を実施中

 鳥インフルエンザ(AI)が猛威を振るったばかりの韓国で、今度は口蹄疫が発生した。今月5日、忠北・報恩ではじめて確認された後、報恩で7件、全北・井邑で1件、京畿・漣川で1件発生。漣川はA型口蹄疫で、ほかはO型の口蹄疫だ。
殺処分された牛は、20日の時点で1425頭に上る。だが、今回はAIの時ほど拡大していない模様だ。AIでは初期防疫に失敗したと批判を受けた農林畜産食品部は、全国の牛だけでなく、口蹄疫が発生した地域の近隣で飼育されている豚にも一斉にワクチンを接種するなどの対策を実施した。また、全国家畜市場の閉鎖期限を今月18日から26日まで延長するなど、強力な対策を続けている。
幸いなことに牛よりも感染しやすいとされる豚では口蹄疫発生の事例が報告されていない。防疫当局関係者は、「発生初期の強力な遮断防疫が効果を発揮している」と述べた。

2017-02-22 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
「大韓民国が恥ずかしい」
韓中通貨スワップ期限切れ
反国家団体に便宜を図る文政権
北の核・ミサイルに「やめろ」
亀裂深まる韓米同盟
ブログ記事
朴槿恵大統領を釈放せよ、孫石煕(JTBC)を拘束せよ!
朴槿恵被告の拘束を延長してはならない8つの理由
国民にハングル専用を強いるな!
朴槿恵大統領弾劾の引き金だった「タブレットPCの正体」がついに明らかになった
朴槿恵大統領釈放要求デモ
自由統一
北韓が開城工団を再稼働
9億ドル超の借款 北の返済ゼロ
核・ミサイル開発に30億ドル
安保理の制裁可決
北の狙いは米との不可侵協定


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません