ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-08-19 08:12:03
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2017年02月22日 21:59
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
AIの次は「口蹄疫」発生
強力な対策を実施中

 鳥インフルエンザ(AI)が猛威を振るったばかりの韓国で、今度は口蹄疫が発生した。今月5日、忠北・報恩ではじめて確認された後、報恩で7件、全北・井邑で1件、京畿・漣川で1件発生。漣川はA型口蹄疫で、ほかはO型の口蹄疫だ。
殺処分された牛は、20日の時点で1425頭に上る。だが、今回はAIの時ほど拡大していない模様だ。AIでは初期防疫に失敗したと批判を受けた農林畜産食品部は、全国の牛だけでなく、口蹄疫が発生した地域の近隣で飼育されている豚にも一斉にワクチンを接種するなどの対策を実施した。また、全国家畜市場の閉鎖期限を今月18日から26日まで延長するなど、強力な対策を続けている。
幸いなことに牛よりも感染しやすいとされる豚では口蹄疫発生の事例が報告されていない。防疫当局関係者は、「発生初期の強力な遮断防疫が効果を発揮している」と述べた。

2017-02-22 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
「朝鮮籍」の訪韓自由化を策動
「国基」を揺るがす文政権
大企業・富裕層へ増税
【寄稿】「朝日」「ハンギョレ」両紙へ...
熾烈な金融業トップ争い 上半期実績
ブログ記事
韓国も2カ月で核兵器を製造できる。日本は1週間で。
文在寅政権の脱原発政策を糾す
米合同参謀会議議長が訪韓
「ロウソク革命政権」が成功できない根源的理由
‘北韓革命’をもって向かい火を放つ
自由統一
またICBM 北、真夜中に発射
米本土届くICBM 米国社会に無力感も
制裁以外の有効打は 李相哲教授が講演
北無人機、THAADを撮影
こん睡状態で帰国


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません