ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-02-21 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2017年02月22日 21:57
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
中高年が公務員試験に殺到
年齢制限廃止後に急増

 若年層の就職難で公務員試験の人気が高いのは、今に始まった話ではないが、40~50代の中高年層までもが公務員試験に押し寄せている。6日、公務員試験の9級(ノンキャリア)の試験申し込みが終了した。40代は1万507人、50代以上は1100人が申し込んだことが分かった。50代以上の受験希望者が1000人を超えたのは初めてのことだ。
今回の9級試験は、募集枠が昨年より拡大されたことにより、倍率は昨年の53・8倍から46・5倍に下がってはいるが、受験希望者は22万8368人に達し、歴代最多となった。
かつて公務員といえば、仕事量の割に薄給でそれほど人気がある職業ではなかった。しかし近年は、定年まで安定した雇用が保障され、退職後は年金が充実しているというメリットが注目されている。特に2009年から公務員試験の年齢制限が廃止(一部は制限あり)されてからは40代以上の受験者が増加している。
実際に40代以上の合格者は増えているという。その多くは一般企業で名誉退職を選択し、第二の人生として公務員を選ぶ人だ。40代以上は、新卒者に比べて経験豊富な人が多い。それまでの職で培った能力やノウハウを生かせるというメリットがある。
一方、年長者が新人として入ってくることで、仕事が頼みづらくなり、頼んだとしても体力に問題があるなどのデメリットもあるようだ。
過去に公務員として働いた人が、再び公務員に挑戦することもあるという。原則20年勤務で受給できる公務員年金の受給資格を得るためだ。こうした人たちは、得てして勤務態度が不真面目だと不評を買っている。
一部の若者は、中高年が公務員試験に挑み合格することが、若年失業率を悪化させる一因だと批判する。だが専門家は、「年齢制限の廃止により、いままで受験資格がなかった中高年層の受験者は増えている。一方、高校生などにアンケートをとると将来の夢は『公務員』になっている。しかも何年間も変わらず1位を維持している。これが問題だろう」と指摘する。「韓国経済の低迷が続く中でリストラなどが増え、仕事の安定さが求められるのは仕方ないが、誰もが公務員試験を目指すのは結局、韓国の国家競争力低下につながる」と付け加えた。

2017-02-22 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(7)
パチンコの出玉規制 1日から施行 改...
2017年パチンコ倒産件数 3年ぶり増加
【朴成業伝道師インタビュー】自由民主...
「太極旗市民」が査察対象に
ブログ記事
破綻に向かう韓米同盟
西郷隆盛
平壤の金正恩ほど危険なソウルの文在寅(SAPIO 2018年1月号)
「文在寅政権の根本属性は反米・反日、親中・親北」(金文洙元京畿道知事)
岐路に立っている韓国の自由民主主義
自由統一
イエメン内戦で確認された北韓のミサイル密輸
「金正恩と許宗萬を提訴」
平壌の「建軍節」閲兵式
【朴成業伝道師インタビュー】真実を知...
北側の「建軍節攻勢」は文政権への踏み絵


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません