ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-12-13 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2017年02月22日 21:51
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
京都で尹東柱追悼献花式
今年生誕100周年 各地で偲ぶ

 詩人尹東柱への追悼献花式が、命日の2月16日、京都造形芸術大学高原学舎の詩碑前で行われた。

京都の献花式

 主催は、京都造形芸術大学(徳山豊理事長)で、河泰允駐大阪総領事や河相泰民団京都本部団長ら50人が追悼、献花した。
詩碑のある地は、尹東柱が生前暮らした場所で、詩碑には「死ぬ日まで天をあおぎ 一点の恥じ入ることもないことを」の詩が刻まれ、当時の日本の治安維持法の残虐さで命を絶たれた尹東柱の無念さを世に広く知らしめた。
今年は尹東柱生誕100周年にあたり、都内では同日、尹東柱が東京留学時代に宿泊した場所でもある在日本韓国YMCAで、ソウル詩人協会(閔允基会長)主催の「尹東柱詩人を懐かしむ夜」が開催された。
李俊揆駐日大使が記念辞を述べ、関係者らが尹東柱を偲んで講演した。

2017-02-22 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(2)
韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(3)
積弊清算の終着点となった李明博元大統領
韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(4)
大統領らの内乱行為を指摘 
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第5章 私達の魂に働きかける諸力について
検察とJTBCが共謀した反乱の証拠、「タブレットPC」の真実
沈在哲国会副議長の警告通り、今が内乱中であるがどうかを徹底して討論してみよう!
大韓民国を‘スパイたちの天国’にすると決めたか
‘金日成主義者たち’を大挙重用したのはなぜか
自由統一
金正恩の出方を探る国連
金正恩、核武力の完成を宣言
北漁船の漂着相次ぐ
米、北韓をテロ支援国に指定
北韓が開城工団を再稼働


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません