ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-07-21 09:14:29
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2017年02月22日 21:43
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
親族虐殺者を仰ぐ朝総連
金正男暗殺「人間がやることではない」

 世界に衝撃を与えた金正男の暗殺。暗殺指令者は金正恩だが、事件の全容は平壌が解放された後に明らかになるだろうか。金正男が殺されたことについて、朝総連関係者などに話を聞いてみた。

朝総連の組織離れ加速か

 金正男の暗殺の件で、朝総連では組織離れが加速するのではといわれている。しかし、女性同盟メンバーは「ほとんどの人が(北の体制には)もう失望しきっている。だが、北に人質がいるか生計の問題もあって、今以上の組織離れはありえない」と言い切る。元商工会メンバーも、同様の意見だ。
朝総連や韓統連関係者なども、金正男の暗殺を敢えて無視し話題にしようとしない。今の自分たちの活動や運動に直結しないといった様子だ。今の北と朝総連とって金正男は意味のない過去の人物というわけだ。
ただ、北の工作員の中では「(金正男暗殺は)韓国国家情報院の仕業だ」というようだが、さすがの朝鮮新報も今のところ沈黙している。今後、朝総連と韓統連が同様の宣伝をするなら、自ら虐殺者の部下であることを自認する狂気の沙汰だ。
一方で、元朝鮮学校教師のKさんは「常識的に考えて、人間がやることではない」と金正恩を非難する。
また、都内に住む脱北者は「金正恩政権は、本当に崩壊するところまで来た。金日成、金正日も悪いことをしたが、公の場で自分の身内を殺した人は誰もいない」と非難し、「国際社会が金正恩のレジームチェンジを通じて、問題を解決した方がいい」指摘する。
金正恩は、自分に命乞いをしてきた異母兄を殺したのに、朝総連組織はこの残酷無道な暴君を親の首領であると子供たちに教え、それを民族教育と自慢している。民族の悲劇で恥だ。

2017-02-22 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
文在寅政権の全体主義独裁を警告する
韓国企業、日本人学生に人気 ~在日の...
「革命政権」に冷淡な同盟 
大統領の国憲びん乱 
制裁以外の有効打は 李相哲教授が講演
ブログ記事
涙の七夕・・・父の四九日、永久のお別れ
新・浦安残日録(6)
You Raise me Up
6.25戦争勃発67周年に際して
新・浦安残日録(5)続・晩節の“選択”
自由統一
米本土届くICBM 米国社会に無力感も
制裁以外の有効打は 李相哲教授が講演
北無人機、THAADを撮影
こん睡状態で帰国
「6.15記念行事」共同開催不発


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません