ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-03-25 08:41:34
Untitled Document
ホーム > ニュース > 政治
2017年02月22日 21:41
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
個人が創作したニュース 検証せずにSNSで拡散
フェイクニュースに「注意報」

大統領選前に対策あるのか

 大統領弾劾審判の行方によっては、年末の大統領選挙が前倒しされる可能性もある韓国で、「フェイクニュース(偽ニュース)注意報」が発令された。ややもすると、フェイクニュース一件で致命傷を負うかもしれないからだ。1日に出馬を断念した潘基文・前国連事務総長は、「私の純粋な愛国心は、『人格殺害』、フェイクニュースのせいで政権交代の名分を失ってしまった」と述べた。
すべてではないにせよ、彼がフェイクニュースに苦しめられたのは事実だ。在英韓国人を対象に発行されている「ユーロジャーナル」は1月7日、「グテーレス国連事務総長は、潘基文前総長の大統領選挙挑戦を国連条約違反だと指摘した」と報じた。これは明らかなフェイクニュースだった。発行人のキム・フン氏は、他者の個人ブログから転用したという。
しかしキム氏の記事は韓国のインターネットメディアに引用され、共に民主党の大統領候補者として名乗りを上げた安熙正・忠南知事、鄭清來元議員は1月12日、それぞれラジオ番組と本人のツイッターでフェイクニュースを引用して潘前総長を攻撃した。この日は、潘前総長の帰国日だった。
墓参りの際の写真を加工し、潘前総長が死者に捧げられる盃を飲んだという噂が広まった。「外国で長く生活したため(韓国固有の)礼法を忘れてしまった」と批判された。
既成メディアもこの流れに便乗したのだから批判を免れない。潘前総長が買った水がフランス産だったことなど、こと細かに「反庶民派」を強調した。潘前総長の陣営が抗議したり、メディアの偏向性を指摘することもなかった。こうしてデマはさらに拡散した。
韓国人は、なぜフェイクニュースにだまされるのだろうか。昨年6月、英国オックスフォード大学のロイタージャーナリズム研究所は「デジタルニュースレポート韓国編」を発表した。韓国人のニュースメディア利用状況を25カ国の利用者と比較分析した結果、いくつかの注目すべき指標が紹介された。
韓国は「オンラインニュースの消費は26カ国のうち5位、そのうちスマートフォンが占める割合は1位、ポータルサイトからの消費率3位、ニュース愛読率は低い」などと評価された。要するに韓国人は、主にスマートフォンを利用して、ポータルサイト内でニュースを読むが、どの報道機関の記事なのかについては、関心が低いということである。
SNSで流布されるフェイクニュースは、私的な関係のある人が発信したものであるがゆえに、かえって信じ込みやすいという指摘もある。刺激的で扇情的な主張が「記事」であるかのように拡散される。過去にはSNSで「北韓、金正恩をクーデターで除去」、「米軍が殺傷ガスを韓国に大量輸送」などのデマが出回ったこともある。
昨年の米国大統領選挙でも、ローマ法王のトランプ候補支持やクリントン候補がISに武器を販売したというフェイクニュースが一時拡散した。
フェイクニュースは、今年の韓国大統領選でも波乱を起こすかもしれない。1997年の李会昌候補は、長男に兵役逃れの疑惑が浮上したが、事実無根であることが明らかになった。李候補は当時、フェイクニュースに対応せず、金大中候補に敗れた。フェイクニュースに勝つには、その都度、直ちに訴訟を起こすのが政界では最善だと知られている。
まだ公論化には至っていないが、中央選挙管理委員会内にフェイクニュースを検証する組織を新設したり、ファクトチェッカーシステムを導入する必要があるという声も聞こえる。ポータルサイトとSNSサービス業者がファクトチェックプログラムを作成し、フェイクニュースを根絶させなければならないという主張も説得力を得ている。
ナチス政権のゲッベルス宣伝相は「人間は嘘を一度聞くときは否定し、二度聞いても疑うが、三回もすれば信じる」と主張した。独裁者ヒトラーも、選挙で権力を獲得した。詐欺師が大統領になるのは、その国が不幸に追いやられることなのだ。
(ソウル=李民晧)

2017-02-22 3面
뉴스스크랩하기
政治セクション一覧へ
ソウルで太極旗集会の現場から…
「日本人漁民50人以上を殺した」
太極旗革命をもって大韓民国の未来を
親族虐殺者の部下を認めた朝総連
朴大統領 弾劾決定
ブログ記事
”若い世代が統一のための体力を作る”、韓国若者たちの誓い
国会内に大韓民国の敵がいると一喝する金鎮台議員
禹鍾昌記者が憲法裁判官8人を相手に損害賠償訴訟を提起
韓国保守革命の希望、金鎮台議員
崔順実事件を捜査した検察発表の虚構
この一冊
『婦人会画報 絆』第1巻第4号
『婦人会画報 絆』第1巻第3号
『在日本大韓民国婦人会画報』第2号
菜食主義者
中国朝鮮族を生きる 旧満州の記憶
自由統一
「日本人漁民50人以上殺した」
「北の脅威を抑制」
「在日米軍が標的」
遺体は誰か 死因は何か
暗殺で北の外交関係揺らぐ


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません