ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-12-13 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2017年02月16日 06:12
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
情報-NETWORK-

◆日韓文化交流イベント「めぐり逢いコンサート」
【東京】4月23日(日)、開場午後1時、開演午後1時半、渋谷区文化総合センター伝承ホールで。韓日の伝統楽器とソプラノが舞台を彩る。第1部では、伽耶琴と箏でそれぞれの国の古典曲を披露する。2台の楽器による2重奏。第2部では、ソプラノ歌手・田月仙が「海峡のアリア」をオンステージで歌い上げる。オープニングを盛り上げるのは東京韓国学校オモニ合唱団。
入場料=大人3000円、子ども(高校生以下)1000円。全席自由。問い合わせ・チケット販売=めぐり逢いコンサート実行委員会 山内敦子TEL090・7707・8589/045・714・6256。
E-mail:akko-l.b.h@kjb.biglobe.ne.jp

◆新刊『金正恩時代の中学校教科書資料集』
【全国】金正恩政権が発行した新中学校教科書のうち、革命活動、社会主義道徳、歴史、地理、国語、英語、芸術、技術などを中心に、65冊分をデジタルデータでDVDに収録。授業、研究会、図書館での開架・貸し出しなどの「公開利用」も可能。制作は限定200部。資料集は2月20日から出荷。データの収録形式はHTML(JavaScript含む)データファイル。教科書資料集のみは6万円。50部限定セットは、教科書資料集+内部映像・文書資料集のテキストで6万4800円(送料無料)。北朝鮮内部映像・文書資料集の附属テキストは定価1万円。いずれも税別。購入・問い合わせ=アジアプレス出版部TEL06・6224・3226。
E-mail:rimjingang-jp@asiapress.org
HP(http://asiapress.org/archives/0016/)

◆2018平昌冬季五輪 D―365エドワード・クォンのオリンピック特選メニュー
【大阪】3月12日(日)、開場午後0時半、開始午後1時、大阪ガス・ハグミュージアムハグホールで。来年行われる「2018平昌冬季オリンピック・パラリンピック大会」の開催を記念し、平昌の特産品を使用して開発した「平昌五輪特選メニュー10選」を試演し、紹介する。講師は世界で活躍する人気シェフ、エドワード・クォン氏。
クォン氏が考案した「ご縁パスタ(そばパスタ)」と「アラリ・プルゴギ」の2品の試食を楽しめる。参加無料。事前申込・抽選制。定員150人。3月3日(金)応募締め切り。申込み=駐大阪韓国文化院TEL06・6292・8760/FAX:06・6292・8768。
E-mail:osaka@k-culture.jp/
HP(http://www.k-culture.jp)

◆韓国ミュージカルの魅力と韓国語レッスン第2弾in大阪
【大阪】3月25日(土)、第1部午後1時40分~2時55分、第2部午後3時15分~4時半、大阪研修センター十三(大阪市淀川区十三本町1―12―15)で。昨年好評を博したイベント講座の第2弾。1部では、2016年に受賞した二つの韓国ミュージカルを振り返り、2017年の動向を予測。
2部では、ミュージカル曲を実際に歌って学ぶ韓国語講座。講師は、韓国ミュージカル「パルレ(洗濯)」を素材にした学習本「ミュージカル『パルレ』を歌って日常韓国語を学ぼう」の著者・日下隆博氏。今回は韓国語学習に加え、TOPIKの点数アップについてのポイントも語る。受講料1部、2部両方=4500円。1部、2部のみはそれぞれ2500円。
要事前振り込み。問い合わせ・申込み=よしかわ語学院韓国語教室HP(http://ameblo.jp/yoshigoga-55/entry-12241536099.html)

2017-02-15 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(2)
韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(3)
積弊清算の終着点となった李明博元大統領
韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(4)
大統領らの内乱行為を指摘 
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第5章 私達の魂に働きかける諸力について
検察とJTBCが共謀した反乱の証拠、「タブレットPC」の真実
沈在哲国会副議長の警告通り、今が内乱中であるがどうかを徹底して討論してみよう!
大韓民国を‘スパイたちの天国’にすると決めたか
‘金日成主義者たち’を大挙重用したのはなぜか
自由統一
金正恩の出方を探る国連
金正恩、核武力の完成を宣言
北漁船の漂着相次ぐ
米、北韓をテロ支援国に指定
北韓が開城工団を再稼働


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません