ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-06-27 08:50:36
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2017年02月16日 06:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
今週の人言

「弾劾は、親北勢力の共産国家樹立試み」-長老会神学大学教授 キム・チョルホン
キム教授は10日、「大韓民国自由統一推進会」の主催で開かれた「朴槿惠大統領弾劾の不当性を知らせる外信記者会見」で、今回の騒動は「80年光州事態から受け継がれてきた親北勢力の共産国家樹立の試み」だと主張した。「大韓民国のイデオロギー地形の特殊性」というテーマで発言をしたキム教授は「韓国は現在、内戦中」とし「内部の敵が量産されたきっかけは80年光州事態だ」と述べた。

「親盧・親文の紅衛兵、いつから中道だった?」-国民主権改革会議議長 孫鶴圭
孫議長は13日、マスコミのインタビューで、自分の政界引退を公開の場で要求した安熙正忠南知事に対し、「親盧(武鉉)・親文(在寅)の紅衛兵から始めている。だから、孫鶴圭を攻撃する」と直撃弾を飛ばした。「(安知事は)盧武鉉・文在寅キッズの代表的な人物で、彼はいつから中道になったのか」と述べた。安知事の中道路線には「何かになるらしいから、この人あの人集め、中道路線だというのに中心がない」と批判した。

2017-02-15 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
朝総連がまた民団に揺さぶり
大阪で初の韓日共同行動 
【映画】『きらめく拍手の音』(韓国)
韓・日破綻狙う「慰安婦工作」
北、ミサイル挑発持続 文政権は対北宥...
ブログ記事
6.25戦争勃発67周年に際して
新・浦安残日録(5)続・晩節の“選択”
『徒然草』における共感について
精神論〔1758年〕 第三部 第3章 記憶の広さについて
共感を考える研究会《第11回研究会のご案内》
自由統一
北無人機、THAADを撮影
こん睡状態で帰国
「6.15記念行事」共同開催不発
北、ICBM開発完了を宣言 
北の外貨獲得手段 多岐に


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません