ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-02-25 23:40:58
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2017年02月15日 21:20
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
アジア経済短信

中国・春節消費が好調 過去最高額も
 中国商務省によると、今年1月27日から今月2日の春節期間における全国の小売業と飲食業の総売上高が、前年比11・4%増の8400億元(およそ13兆8000億円)にのぼることが分かった。同期間における観光業もおよそ13・8%増の3億4400万人で、観光収入はおよそ15・9%増の4233億元に達した。中国の銀行間決済ネットワーク「中国銀聯(チャイナ・ユニオンペイ)」では、決済件数が前年比10・7%増の2億8600万件、決済金額が48・8%増の3787億元にのぼった。これらはいずれも過去最高の数字となった。

比スマホ端末、サムスン電子が首位
会計大手のデロイト・トウシュ・トーマツの傘下企業、ナバロ・アンパーがまとめた「2017世界モバイル消費者調査」によると、フィリピンにおけるスマートフォンの端末利用者数は、韓国のサムスン電子製がトップであることが分かった。16年は前年比およそ2倍のシェアに拡大し、前年首位の米アップルを大きく引き離した。ナバロの調査は、東南アジア諸国連合(ASEAN)主要5カ国(フィリピン、タイ、インドネシア、マレーシア、シンガポール)の16歳~44歳の5000人を対象に行われた。端末別販売数でも、シンガポールを除いた4カ国でサムスンが首位を占めていることも明らかになった。

パナソニック、アジアでエアコン増産へ
パナソニックが8日、アジア圏でエアコンを増産することを明らかにした。投資額はおよそ50億円で、2020年までに15年比で倍増させたい考えを示した。同社は今年1月からタイで現地生産を始めている。生産能力は年間50万台で、このうち6割はベトナムに輸出する計画。マレーシアの主力工場では4割増産し、年間350万台の出荷を目指す。パナソニックは、インドやフィリピンなどのアジア7カ国でエアコンを生産している。日本以外のアジア地域全体ではシェアトップに位置している一方、タイではダイキン、三菱電機に続く形にとどまっている。

2017-02-15 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
平昌五輪組織委と在日言論人が懇談会
厳しさ増す遊技業
中国が対韓工作で「禁じ手」
唯一の統一への道は 金正恩政権の崩壊
自由民主と民衆独裁の戦いで中立は存在しない
ブログ記事
安煕正の反米青年会はどういう組織だったか
韓国自由統一戦士たち、鄭美鴻・金美英の対談
国民が選んだ大統領を国会が詐欺的手法で弾劾した暴挙に憲法裁判所は同調するのか
朴槿恵大統領弾劾訴追過程の法的瑕疵
普通の人々が太極旗を掲げる理由
この一冊
『婦人会画報 絆』第1巻第4号
『婦人会画報 絆』第1巻第3号
『在日本大韓民国婦人会画報』第2号
菜食主義者
中国朝鮮族を生きる 旧満州の記憶
自由統一
韓国軍、対北放送拡大
金正恩の不安の反証
閉鎖から1年 開城工団再開は国連制裁違反か
北、固体燃料の弾道弾発射
防衛部トップ解任


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません