ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-07-28 08:18:42
Untitled Document
ホーム > ニュース > 芸能・スポーツ
2017年02月08日 17:54
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
ボブスレーとスケルトン 飛躍的な成長
平昌に向け期待高まる

 平昌冬季五輪の開催まで1年を切った。19日からは札幌で冬季アジア大会が開かれる。韓国の冬季スポーツといえば、これまではスピードスケートや女子フィギュアスケートだった。こうした特定の種目で強さを発揮し、近年ではアジア大会や五輪で上位の成績を残している。ところが最近、思わぬ競技が期待を集めている。ボブスレーとスケルトンだ。

 2010年までに韓国でボブスレー選手として登録されているのは4人しかいなかった。ドライバー(先頭で運転する人)は一人だった。ほかの選手も経歴は浅く、重量挙げから転向した選手もいた。
韓国代表には外国人選手がいた。オリンピック以外の国際競技では、ドライバーの国籍で国を区別するため、ドライバーを除く選手はどこの国出身でも構わないためだ。
このような状況で、韓国の選手だけで構成された2人乗りで快挙が続いている。最近では、12年アメリカカップ総合3位、13年の国際大会初の金メダル、16年アジア初の世界ランキング1位が挙げられる。
今シーズンの国際ボブスレースケルトン競技連盟(IBSF)主催の北アメリカカップでは、キム・ユラン‐キム・ミンソン組が8回の大会で金メダル2、銀メダル1を獲得して、女子ランキング1位でシーズンを終えた。
韓国の女子選手がボブスレーの国際大会で総合優勝したのは初めてだ。イ・ソンヘ‐シン・ミラン組は金メダル1、銀メダル2を獲得して2位。北アメリカカップはワールドカップより一段階レベルが低い大会とはいえ、注目すべき成長に違いない。
男子ボブスレーのウォン・ユンジョン‐ソ・ヨンウ組はワールドカップで大活躍し、現在世界ランキング1位に君臨している。同組は18年の平昌冬季オリンピックで金メダルに挑戦する。
昨年の2月には、ユン・ソンビンがIBSFワールドカップ7次大会の男子スケルトンで金メダルを獲得した。韓国に限らず、アジアのスケルトン選手が世界トップになったのは初めてだった。12年にスケルトンを始めた選手とは思えないほど驚異的な成長を続けている。
ユン選手は、今年1月に開催されたIBSFワールドカップ第6次大会では2位となった。金メダルは逃したものの、平昌オリンピックでのメダル獲得への期待は高まる。現在までに、アジア人として唯一スケルトンのワールドカップで表彰台に立ったのがユン選手だ。
大韓ボブスレースケルトン競技連盟の関係者は、「選手たちは急成長をみせている。平昌五輪での善戦に期待は高まっている」と述べた。

2017-02-08 6面
뉴스스크랩하기
芸能・スポーツセクション一覧へ
東京でも「金正恩を許すな」
文在寅政権の全体主義独裁を警告する
韓国企業、日本人学生に人気 ~在日の...
「革命政権」に冷淡な同盟 
大統領の国憲びん乱 
ブログ記事
涙の七夕・・・父の四九日、永久のお別れ
新・浦安残日録(6)
You Raise me Up
6.25戦争勃発67周年に際して
新・浦安残日録(5)続・晩節の“選択”
自由統一
米本土届くICBM 米国社会に無力感も
制裁以外の有効打は 李相哲教授が講演
北無人機、THAADを撮影
こん睡状態で帰国
「6.15記念行事」共同開催不発


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません