ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-07-27 11:18:09
Untitled Document
ホーム > ニュース > 国際
2017年02月08日 10:59
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
中国が対韓工作で「禁じ手」
韓半島で激突する米中

 韓国各地で大統領弾劾を求める「ロウソク示威」に、中国当局が留学生を参加させたとの主張が出た。東亜日報の李政勲編集委員が1月25日、自分のブログで書いた。中国の韓国内「THAAD配備阻止工作」に「共に民主党」が利用される現実を批判する記事の中で取り上げた。現在韓国にいる6万人ほどの中国人留学生は、韓国の安保に負担になりそうだ。

韓国に屈服しいる北京 共に民主党の従中・反米体質

 中国には留学生を動員した”前科”がある。2008年の北京五輪開催前、世界中で聖火リレーに対する抗議行動が繰り広げられた。「チベットを解放せよ」という主張だ。中国当局は、これに対抗するため海外留学生を動員した。彼らは大小の五星紅旗を振りながら「加油!」(がんばれ)と叫んだ。日本では、長野で行われた聖火リレーで小競り合いが起きた。
ソウルではもっと大胆になった。顔をマスクで隠した一部の中国人留学生は、抗議する韓国人をカメラの前で蹴り飛ばすなど、暴力を振るった。
中国共産党が留学生を朴大統領弾劾要求ロウソク示威に参加させる背景には、東アジアでの米中の戦略的対峙があると李政勲氏は指摘する。
北側の核ミサイルの実戦配備に対応すべき韓米同盟、特に、米国としては、THAADは駐韓米軍の核心である平澤基地の付属物的な存在で、THAADのない駐韓米軍は考えられない。一方、中国側は、韓国が「宗主国」の中国に逆らって防御ミサイルを配備するのは絶対許せないという考えだ。
中国は韓国へのTHAAD配備を阻止し、韓国政府を決定的に屈服させるため、あらゆる圧迫・報復阻止を取ってきた。そしてついに、反中路線に旋回した朴槿惠大統領の「引き下ろし」という「禁じ手」に出たのだ。
中国共産党はまず、国会を掌握している野党工作から始めた。共に民主党は昨年8月に訪中団を送って以来、中国側に買収されたような態度を見せている。中国外交部の高官は、「小国が大国に逆らうのか」「THAADを配備すれば、断交水準の苦痛を与える」と言い放ったという。
今年1月にも、共に民主党の宋栄吉議員ら7人が中国を訪問した。一行は王毅外相や孔鉉佑外務次官補などの中国高官の歓待を受け、THAAD問題や中国の”対韓制裁”について話し合った。これに対しては韓国国内からも「中国にこびへつらう、かつての朝貢だ」といった批判が厳しい。
だが、共に民主党はTHAADについて見直しを求め、国会では黄教安大統領権限代行に、配備決定の撤回を要求。韓米同盟は破綻してもいいという姿勢に出ている。

2017-02-08 1面
뉴스스크랩하기
国際セクション一覧へ
文在寅政権の全体主義独裁を警告する
韓国企業、日本人学生に人気 ~在日の...
東京でも「金正恩を許すな」
「革命政権」に冷淡な同盟 
大統領の国憲びん乱 
ブログ記事
涙の七夕・・・父の四九日、永久のお別れ
新・浦安残日録(6)
You Raise me Up
6.25戦争勃発67周年に際して
新・浦安残日録(5)続・晩節の“選択”
自由統一
米本土届くICBM 米国社会に無力感も
制裁以外の有効打は 李相哲教授が講演
北無人機、THAADを撮影
こん睡状態で帰国
「6.15記念行事」共同開催不発


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません