ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-03-28 11:54:57
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2017年02月01日 23:08
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
『お嬢さん』(韓国)
誰が誰を騙し、愛されたのか

 映画『JSA』『オールド・ボーイ』のパク・チャヌク監督によるサスペンス。イギリスの人気ミステリー作家サラ・ウォーターズの小説『荊の城』を原案とし、物語の舞台を日本統治下の韓国に置きかえて描いている。

(C)2016 CJ E&M CORPORATION, MOHO FILM, YONG FILM ALL RIGHTS RESERVED

 舞台は1939年、日本統治下の朝鮮半島。スラム街で詐欺グループに育てられた少女・スッキ(キム・テリ)は、藤原伯爵と呼ばれる詐欺師(ハ・ジョンウ)から、ある計画を持ちかけられる。それは莫大な財産の相続権を持つ華族の令嬢・秀子(キム・ミニ)を誘惑し、結婚後、秀子を精神病院に入れて財産を奪うというものだった。計画に加わったスッキは、珠子と名乗り、秀子の侍女として働き始める。渦中の人物・秀子は、人里離れた土地に建つ屋敷から一歩も出ることなく、日本文化に傾倒する支配的な叔父(チョ・ジヌン)と暮らしている孤独な女性だった。計画が順調に進んでいく中、献身的なスッキに秀子が心を開くようになり、スッキもまた美しい秀子に惹かれていくようになる。令嬢、侍女、詐欺師、富豪。欲望渦巻く華麗な館で、誰が誰を騙し、愛されたのか。
本作は2016年に開催された第69回カンヌ国際映画祭で上映され、その過激な描写で話題が集中。また、韓国では官能描写の激しさから成人映画(R19)となるも、400万人を超える観客動員数を記録した。
キャストは、秀子役にホン・サンス監督のミューズとしても知られるキム・ミニ。スッキ役にオーディションで抜擢された新人女優のキム・テリ。伯爵役に『暗殺』のハ・ジョンウ。秀子の叔父役にドラマ「シグナル」のチョ・ジヌン。また、”国民のお母さん”と名高いキム・へスクや商業作品と芸術作品を往来する演技派女優ムン・ソリなど、豪華なキャストが顔を揃えた。
映画『お嬢さん』は三部構成からなり、第一部はスッキの視点、第二部は秀子の視点から事件が描かれ、第三部では真相が明かされる。作品には絵画的な映像美、官能的な空間、ゴシック・ロマン調な音楽、いくつかの謎が漂い、これまでのパク・チャヌク作品よりも洗練された映像作品に仕上がっている。
物事には、常に表と裏が存在する。本作を観ていても、登場人物各々の事情といった表と裏が登場するのだが、表も裏もない唯一のものが作品をハッピーエンドに導いている。
(宋 莉淑 ソン・リスク/文筆家)
公開=3月3日(金)、TOHOシネマズシャンテ他ロードショー。
公式HP=http://www.ojosan.jp/

2017-02-01 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
ソウルで太極旗集会の現場から…
「日本人漁民50人以上を殺した」
太極旗革命をもって大韓民国の未来を
親族虐殺者の部下を認めた朝総連
朴大統領 弾劾決定
ブログ記事
ブログの読者各位 『新・浦安残日録』(号外)
新・浦安残日録(3) 晩節の〝選択〟
”若い世代が統一のための体力を作る”、韓国若者たちの誓い
国会内に大韓民国の敵がいると一喝する金鎮台議員
禹鍾昌記者が憲法裁判官8人を相手に損害賠償訴訟を提起
この一冊
『婦人会画報 絆』第1巻第4号
『婦人会画報 絆』第1巻第3号
『在日本大韓民国婦人会画報』第2号
菜食主義者
中国朝鮮族を生きる 旧満州の記憶
自由統一
「日本人漁民50人以上殺した」
「北の脅威を抑制」
「在日米軍が標的」
遺体は誰か 死因は何か
暗殺で北の外交関係揺らぐ


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません