ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-08-19 08:12:03
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2017年01月25日 23:16
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
『ワンドゥギ』
金呂玲著 白香夏訳

 2011年、韓国で公開されて530万人を動員した映画の原作本だ。主人公のワンドゥギは、勉強はできないがケンカは負けなしの高校生。障害を持つ低身長の父と、父の同僚で、軽度の知的障害を持つ青年と3人で暮らしている。
一家が住むのはソウルの下町で、生活は決して豊かではない。隣家に住む口の悪い担任「糞トンジュ」や、向かいのおじさんとは何かにつけて衝突する。コテコテの不幸話の土台がそろったところに、生き別れになった外国出身の母が現れる。
さまざまな問題を抱えつつ、もがきながら日々を生きていくワンドゥギ。物語の結末は劇的なものではないが、その素朴さがいい。翻訳の甘さはあるものの、それなりに読み応えのある作品に仕上がっている。
コリーヌファクトリー合同会社刊
定価=1600円(税別)

2017-01-25 8面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
「朝鮮籍」の訪韓自由化を策動
「国基」を揺るがす文政権
大企業・富裕層へ増税
【寄稿】「朝日」「ハンギョレ」両紙へ...
熾烈な金融業トップ争い 上半期実績
ブログ記事
韓国も2カ月で核兵器を製造できる。日本は1週間で。
文在寅政権の脱原発政策を糾す
米合同参謀会議議長が訪韓
「ロウソク革命政権」が成功できない根源的理由
‘北韓革命’をもって向かい火を放つ
自由統一
またICBM 北、真夜中に発射
米本土届くICBM 米国社会に無力感も
制裁以外の有効打は 李相哲教授が講演
北無人機、THAADを撮影
こん睡状態で帰国


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません