ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-06-24 08:06:40
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2017年01月25日 23:16
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
『ワンドゥギ』
金呂玲著 白香夏訳

 2011年、韓国で公開されて530万人を動員した映画の原作本だ。主人公のワンドゥギは、勉強はできないがケンカは負けなしの高校生。障害を持つ低身長の父と、父の同僚で、軽度の知的障害を持つ青年と3人で暮らしている。
一家が住むのはソウルの下町で、生活は決して豊かではない。隣家に住む口の悪い担任「糞トンジュ」や、向かいのおじさんとは何かにつけて衝突する。コテコテの不幸話の土台がそろったところに、生き別れになった外国出身の母が現れる。
さまざまな問題を抱えつつ、もがきながら日々を生きていくワンドゥギ。物語の結末は劇的なものではないが、その素朴さがいい。翻訳の甘さはあるものの、それなりに読み応えのある作品に仕上がっている。
コリーヌファクトリー合同会社刊
定価=1600円(税別)

2017-01-25 8面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
朝総連がまた民団に揺さぶり
大阪で初の韓日共同行動 
【映画】『きらめく拍手の音』(韓国)
北、ミサイル挑発持続 文政権は対北宥...
韓・日破綻狙う「慰安婦工作」
ブログ記事
6.25戦争勃発67周年に際して
新・浦安残日録(5)続・晩節の“選択”
『徒然草』における共感について
精神論〔1758年〕 第三部 第3章 記憶の広さについて
共感を考える研究会《第11回研究会のご案内》
自由統一
北無人機、THAADを撮影
こん睡状態で帰国
「6.15記念行事」共同開催不発
北、ICBM開発完了を宣言 
北の外貨獲得手段 多岐に


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません