ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-01-24 09:19:26
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2017年01月02日 16:15
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
韓半島ゆかりの地を探訪
寺社めぐり 約30年 「鶴橋」の地名に驚かされ 

 東京韓国学校校長の金得永氏は、約30年にわたって「日本にある韓民族の歴史探訪サークル」を主宰している。きっかけは大阪外国語大学への留学だった。市内にある「鶴橋駅」を見て驚いた。韓国にある「ハッタリ」(「鶴の橋」の意)と同じ意味だったからだ。百済という地名もあった。こうして興味をもって30年、教師仲間や友人・知人とともに、韓半島にゆかりのある寺社をめぐる活動を始めた。今も年に2、3回、泊りがけで活動を行っている。

福井県の新羅神社を訪れた金校長(左。本人提供)

 主に回るのは西日本の神社だ。「韓国人は神社というとどうしても靖国神社を思い浮かべがちですが、古くからある神社には、韓国人も知らない歴史があるのです」と話す。実際に連れて行くと「こういうところがあったのか」と驚かれることが多いという。
韓国でも日本でも、学校教育で古代の交流について詳しく触れられることはない。「わが国から来た文化が日本で大切にされ、歴史を重ねて新たな日本の文化として花開いた。これを知り、伝えるのは重要です。学習とは暗記するだけではなく、心から突き動かされて物事を知ることでもあるのです」と金校長はいう。
金校長はジャレド・ダイアモンド著『銃・病原菌・鉄』から引用し「韓国人と日本人は同じ血を受け継ぎながらも、長い間、お互いに敵意を持ってきた。お互いに肯定するのは難しいかもしれないが、彼らは成長期を一緒に過ごした双子の兄弟のようだ。東アジアの政治的将来は、両国が古代から積み重ねてきた繋がりを友好的に再発見することにかかっている」と強調した。

2017-01-01 10面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
「太極旗集会」が「ロウソク派」を圧倒
不動産対策が経済低迷に拍車
「民主化」韓国の迷走の根源とは
「韓国と日本」 地道に広がる交流
憲政守護と「民衆革命」の対決
ブログ記事
新・浦安残日録
自由、平等、そして統一と李在鎔
三星など大企業は‘天国の次の韓国’を作った主役だ!
5.18光州事態に関する光州住民の主張と検察の捜査結果
文在寅は李明博と朴槿恵を審判する前に自分を審判しろ!
この一冊
『婦人会画報 絆』第1巻第4号
『婦人会画報 絆』第1巻第3号
『在日本大韓民国婦人会画報』第2号
菜食主義者
中国朝鮮族を生きる 旧満州の記憶
自由統一
中国、北石炭輸入か
サイバー攻撃など強化する北韓
北韓の人権状況を特別講演
北の石炭取引制限へ
金与正を制裁へ


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません