ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-06-24 08:06:40
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2017年01月02日 12:20
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
いつまで元気でいられるか
「健康寿命」への意識高まる

 高齢化が進むにつれ、健康に対する意識はますます高まっている。長生きしても元気でないと意味がないといわれ、「健康寿命」を意識しはじめるようになった。一般的に平均寿命は寿命の長さを表しているが、健康寿命は日常的・継続的に医療・介護に依存しないで、自分の心身で生命維持し、自立した生活ができる生存期間を指す。韓国では最近になって取りあげられるようになったが、世界保健機関(WHO)は2000年にこの概念を提唱した。
 WHOの調査(15年時点)によると、平均健康寿命は韓国が73・2歳、日本が74・9歳だった。健康寿命が長い人は、平均寿命と健康寿命の差が少ない。健康で寿命の質が高いと評価される。その結果として、医療費や介護費の削減に結び付くといわれる。WHOも、世界各国の政府や保健医療政策を管轄する行政機関も、寿命に対する健康寿命の割合を高めることを重要な政策目標にしている。

2017-01-01 13面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
朝総連がまた民団に揺さぶり
大阪で初の韓日共同行動 
【映画】『きらめく拍手の音』(韓国)
北、ミサイル挑発持続 文政権は対北宥...
韓・日破綻狙う「慰安婦工作」
ブログ記事
新・浦安残日録(5)続・晩節の“選択”
『徒然草』における共感について
精神論〔1758年〕 第三部 第3章 記憶の広さについて
共感を考える研究会《第11回研究会のご案内》
張夏成(文在寅大統領の政策室長)の二極化主張の虚構
自由統一
北無人機、THAADを撮影
こん睡状態で帰国
「6.15記念行事」共同開催不発
北、ICBM開発完了を宣言 
北の外貨獲得手段 多岐に


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません