ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-02-21 13:32:03
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2017年01月02日 12:20
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
いつまで元気でいられるか
「健康寿命」への意識高まる

 高齢化が進むにつれ、健康に対する意識はますます高まっている。長生きしても元気でないと意味がないといわれ、「健康寿命」を意識しはじめるようになった。一般的に平均寿命は寿命の長さを表しているが、健康寿命は日常的・継続的に医療・介護に依存しないで、自分の心身で生命維持し、自立した生活ができる生存期間を指す。韓国では最近になって取りあげられるようになったが、世界保健機関(WHO)は2000年にこの概念を提唱した。
 WHOの調査(15年時点)によると、平均健康寿命は韓国が73・2歳、日本が74・9歳だった。健康寿命が長い人は、平均寿命と健康寿命の差が少ない。健康で寿命の質が高いと評価される。その結果として、医療費や介護費の削減に結び付くといわれる。WHOも、世界各国の政府や保健医療政策を管轄する行政機関も、寿命に対する健康寿命の割合を高めることを重要な政策目標にしている。

2017-01-01 13面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
「韓日トンネル可能」
全国に唯一残る5・16道路
厳しさ増す遊技業
中国が対韓工作で「禁じ手」
唯一の統一への道は 金正恩政権の崩壊
ブログ記事
‘国民抵抗本部’を発足する、‘弾棄国’の特別宣言
第13次弾劾棄却総決起国民大会の2部行事(2)
新・浦安残日録(2)
第13次弾劾棄却総決起国民大会の2部行事(1)
太極旗行進、陸・海・空軍予備役将校団が自由民主体制守護に総決起
この一冊
『婦人会画報 絆』第1巻第4号
『婦人会画報 絆』第1巻第3号
『在日本大韓民国婦人会画報』第2号
菜食主義者
中国朝鮮族を生きる 旧満州の記憶
自由統一
閉鎖から1年 開城工団再開は国連制裁違反か
北、固体燃料の弾道弾発射
防衛部トップ解任
韓米国防相 北への強力対応表明
北、ミサイル発射実験か


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません