ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-01-24 09:19:26
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2017年01月01日 22:16
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
アジア経済短信

日本の持ち帰りすし店がベトナム進出
東京や神奈川で本格江戸前すしの持ち帰り店などを展開するちよだ鮨は昨年12月9日、ベトナム・ホーチミン市ですしや刺身などを中心にした和食レストランをオープンした。NNAが伝えた。同社がホーチミン市1区に開業したレストランは「ちよだ鮨バスター通り店」で、東南アジアでは初となる。ベトナムでは今後3年間で5店舗ほどを開設する目標を掲げており、将来的には周辺国のミャンマーやカンボジアへの進出も検討していく。同社は日本国内だけでなく、海外でも「すしの大衆化」をめざしている。

中国で8割がホテルをオンライン予約
中国ホテル協会が、オンラインリサーチ会社などと共同で発表した「ホテル・旅館業界の健全な発展に関する報告書」によると、ユーザーの8割以上がオンラインでホテル・旅館の予約をしていることがわかった。人民日報が昨年12月16日伝えた。中国ではオンライン予約の普及率が急上昇している一方、ホテル・旅館市場の競争も激化している。

中華航空、タイガーエアを完全子会社化
台湾のチャイナエアライン(中華航空)は昨年12月14日、取締役会を開き、同社系格安航空会社(LCC)のタイガーエア台湾(台湾虎航)を完全子会社化することを決めた。フォーカス台湾が伝えた。完全子会社化は、グループ全体の効率化を図ることが目的。タイガーエア台湾は2013年12月に設立され、持ち株比率はシンガポールのタイガーエアが10%、チャイナエアラインは90%。今後、同社はタイガーエアの株を買収し、タイガーエア台湾のブランドは維持する。

琿春海産物産業団地、省級工業団地に
中国吉林省延辺朝鮮族自治州の琿春国際協力モデル区域内の海産物産業団地が、吉林省の省級特色工業団地として批准された。吉林新聞が昨年12月14日報じた。現在、毎年20万トンの琿春産海産物が米国や欧州などに輸出されている。産業団地の昨年度生産額は82億元に達し、2018年には120億元を実現するとの見通しだ。

2017-01-01 8面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
「太極旗集会」が「ロウソク派」を圧倒
不動産対策が経済低迷に拍車
「民主化」韓国の迷走の根源とは
「韓国と日本」 地道に広がる交流
憲政守護と「民衆革命」の対決
ブログ記事
新・浦安残日録
自由、平等、そして統一と李在鎔
三星など大企業は‘天国の次の韓国’を作った主役だ!
5.18光州事態に関する光州住民の主張と検察の捜査結果
文在寅は李明博と朴槿恵を審判する前に自分を審判しろ!
この一冊
『婦人会画報 絆』第1巻第4号
『婦人会画報 絆』第1巻第3号
『在日本大韓民国婦人会画報』第2号
菜食主義者
中国朝鮮族を生きる 旧満州の記憶
自由統一
中国、北石炭輸入か
サイバー攻撃など強化する北韓
北韓の人権状況を特別講演
北の石炭取引制限へ
金与正を制裁へ


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません