ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-12-13 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 国際
2017年01月01日 00:47
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
東アジアに新安保秩序は不可避
現状変化を強いる「中・北の核共謀」

 金正恩が核武装を放棄する可能性がない状況で、韓国ができる方策は何か。核の時代の戦略理論は抑制戦略だ。核兵器を持つ北韓を抑制する最も確実な方法は、われわれも核武装をすることだ。というのは、核兵器のない韓国は、北韓の要求に応じる(降伏する)か、拒否して核攻撃を受けて破滅するかしかないからだ。
中国と北韓の核共助を示す端的な例を三つ挙げる。北側は韓国のTHAAD配備決定に対して、THAADでは防御できない攻撃を加えると反応した。SLBM(潜水艦発射ミサイル)を指しているのだが、米海兵隊大佐出身の専門家は、北のSLBM「北極星」は、中国の「巨浪」と”双子”だと指摘した。米国の専門家が中国の核開発に対して書いた本『核特急』(Nuclear Express)には、北核を中国が助けた状況が記述されている。
共謀の二番目の証拠は、北側のKN―08(アラスカまで射程内)などを運搬する移動式ミサイル発射台(TEL)を100%中国が提供したことだ。TELは除去が非常に難しい。このことが中国と北韓の戦略的協力関係を示す。そもそも、中国は大韓民国の大戦略である韓半島の統一に同意していない。
共謀の第三の例は、中国がTHAADの韓半島配備に猛反対している点だ。中国側は、平壌側の核実験よりも、韓国のTHAAD配備に強く反対する。中国が満州の通化に配備したミサイルの射程は600キロで、ソウルを射程に入れている。自分たちはソウルを攻撃できるミサイルを配備しておいて韓国の防衛措置を問題にするのは、厚顔無恥だ。
中国が平和的に台頭すればいいのだが、国際政治の専門家たちは、その問いには否定的だ。中国は今も周辺国を脅かし、これらの国々を反中・親米にしており、この愚行は中華思想からくる。西洋文明は国家関係の水平秩序(友達になること)を平和の条件とするが、中国は垂直秩序(兄弟になること)だ。中国は公海の自由航行の原則も否定する。黄海の東経124度で線を引き、「韓国海軍はこの線を越えて西にくるな」と要求する。黄海の72%を中国が占め、韓国は28%内に留まれ、ということだ。
北韓の核戦略は、キッシンジャーとハンス・モーゲンソーの理論を合わせた「合理的」な戦略だ。キッシンジャーは、「ある国が核武装をすれば、周辺国と無言の不可侵条約を結んだようなものだ」と述べた。モーゲンソーは「紛争中の二つの国のうち片方が核兵器を持ち、もう一方は持たなかったら、核兵器を持たない国は、戦わず降伏するか、立ち向かって死ぬしかない」と言った。北韓の核戦略は、米国が介入できないようにし、韓国とは戦争をせず、韓国を赤化統一することが目的だ。核兵器は北韓が韓国に勝てる唯一の手段だ。北韓の核武装は「南韓を吸収統一」するためだ。
韓国の対策は、まず北韓の核兵器体系の完成をあらゆる手段を動員して阻止することだ。イスラエル方式もそこに含まれる。北韓が核兵器体系を完成した後は、この方法は考えられない。第二は、われわれも対応の抑止力を持つことだ。北核は平和的に解決できない。北は核を決して放棄しないからだ。北韓の核は、北側が米国の方に立てば問題にならない。これが厳しい国際秩序だ。もはや廃棄に失敗(不可能)したため、韓国も抑止力を持たねばならない。共産独裁の中国に隷属させられないためには、ほかの方法はない。

2017-01-01 2面
뉴스스크랩하기
国際セクション一覧へ
韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(2)
韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(3)
積弊清算の終着点となった李明博元大統領
韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(4)
大統領らの内乱行為を指摘 
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第5章 私達の魂に働きかける諸力について
検察とJTBCが共謀した反乱の証拠、「タブレットPC」の真実
沈在哲国会副議長の警告通り、今が内乱中であるがどうかを徹底して討論してみよう!
大韓民国を‘スパイたちの天国’にすると決めたか
‘金日成主義者たち’を大挙重用したのはなぜか
自由統一
金正恩の出方を探る国連
金正恩、核武力の完成を宣言
北漁船の漂着相次ぐ
米、北韓をテロ支援国に指定
北韓が開城工団を再稼働


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません