ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-03-25 08:41:34
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2016年12月14日 23:12
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
『キム・ソンダル 大河を売った詐欺師たち』(韓国)
詐欺師たちが信義のために命をかけ、国家をも巻き込む

 韓国の説話に登場する伝説の詐欺師キム・ソンダルと仲間たちの活躍を描く痛快時代劇。

(C)2016 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved.

 舞台は1600年代の朝鮮。死屍累々の戦場で、死んだフリをしながら生き残った3人の男がいた。男たちはこれからの人生を楽しく生き抜くことを決意する。数年後、朝鮮中を神出鬼没に現れては、権力者から金品を奪い取る詐欺集団が世間を騒がせていた。彼らの正体は、ずば抜けた頭脳と度胸を持ち合わせた色男キム・ソンダル(ユ・スンホ)、口八丁手八丁のポウォン(コ・チャンソク)、ソンダルに憧れる純朴なキョン(シウミン)、紅一点の占い詐欺師(ラ・ミラン)。そんな彼らの次なるターゲットは、朝鮮随一の価値を持つ煙草。だが、完璧だった計画が協力者の裏切りにより、ソンダルたちは逮捕寸前の大ピンチに。そして事件の背後に、民を清へ売りさばく最高権力者ソン・デリョン(チョ・ジェヒョン)の存在を知る。稀代の詐欺師たちが信義のために命をかけ、国家をも巻き込む前代未聞の大博打に打って出る。
主演は国民的弟と呼ばれた子役スターから、演技派イケメン俳優へと成長を遂げたユ・スンホ。作中では王様から女性まで変幻自在のキャラクターを演じている。弟分のキョン役は、アジア全域で人気を誇るアイドルグループEXOのメンバー・シウミン。ソンダルを慕う純粋なキャラクターを演じ、本作で映画デビューを果たした。ソンダルの宿敵となるソン・デリョン役は、キム・ギドク監督作品の常連で、演技派俳優のチョ・ジェヒョン。本作では敵役として、圧倒的な存在感を放っている。監督・脚本は映画『影の殺人』に続き、今作が監督2作目となるパク・デミン。持ち主のいない河を売るという伝説的な話に惹かれ、制作を決意したという。
映画『キム・ソンダル 大河を売った詐欺師たち』は、普遍的な魅力を持つ作品だ。それは、個性豊かなキャラクターとコミカルで軽快なストーリー。そして、繊細かつ壮大なスケールで描かれるアクションやCGといったエンターテインメント性の高い作風によるものだろう。何となく、結末が予想できてしまうものの、鑑賞後は誰もが爽快感に満ちた心持ちになるのである。
(宋 莉淑 ソン・リスク/文筆家)
公開=2017年1月20日(金)TOHOシネマズ シャンテ、TOHOシネマズ新宿ほか。
公式HP=http://kimseondal.jp/

2016-12-14 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
ソウルで太極旗集会の現場から…
「日本人漁民50人以上を殺した」
太極旗革命をもって大韓民国の未来を
親族虐殺者の部下を認めた朝総連
朴大統領 弾劾決定
ブログ記事
”若い世代が統一のための体力を作る”、韓国若者たちの誓い
国会内に大韓民国の敵がいると一喝する金鎮台議員
禹鍾昌記者が憲法裁判官8人を相手に損害賠償訴訟を提起
韓国保守革命の希望、金鎮台議員
崔順実事件を捜査した検察発表の虚構
この一冊
『婦人会画報 絆』第1巻第4号
『婦人会画報 絆』第1巻第3号
『在日本大韓民国婦人会画報』第2号
菜食主義者
中国朝鮮族を生きる 旧満州の記憶
自由統一
「日本人漁民50人以上殺した」
「北の脅威を抑制」
「在日米軍が標的」
遺体は誰か 死因は何か
暗殺で北の外交関係揺らぐ


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません