ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-02-25 23:40:58
Untitled Document
ホーム > ニュース > 政治
2016年12月14日 09:29
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
改憲めぐり野党に動き
大統領選もあり時間的余裕なし

 崔順実被告の国政介入疑惑が浮上してから、韓国の政局はまず、朴大統領を下野させられるかが焦点となった。その後は「弾劾政局」となり、弾劾が決まった今は「改憲政局」になりつつある。
改憲は次期大統領選の争点の一つになる。特に弾劾訴追案の採択で”造反”に回ったセヌリ党非主流派の「非朴系」は、政界再編を視野に動きを加速させている。9日の採択前、セヌリ党の李喆雨議員主催で開かれた「国家変革のための改憲推進会議」結成式には、多くの非朴系議員が顔をそろえた。セヌリ党主流派の姿もあった。
国民の党も改憲には前向きだ。大統領選前に改憲の議論を始めるか、最低でも選挙区の見直しは必要との意見が党内で支持を得ている。50歳以下を集めた「改憲フォーラム」を作るという案も出ている。
ただ、改憲は議論や手続きに時間を要する。そのため最短でも来年の春に行われることになる大統領選挙までに議論が熟す可能性は低い。
かねてから改憲を訴えてきた共に民主党の金鍾仁・前非常対策委員会代表は、同党の文在寅議員を念頭に「選挙前に改憲を公約に掲げ、当選後に行うのは正しくない」と発言。可能なら大統領選を前に会見すべきと主張した。
一方、国民の党は大統領選前の改憲は理想的としつつ、難しい場合は選挙後でも構わないというスタンスだ。
世論を見ると、改憲自体に賛成する声は多い。しかし、時期については大統領選と並行して行うという意見よりも、次期大統領選を終えてから着手すべきとの意見がやや上回っている。もっとも、多くの国民は今の堕落した政治勢力が改憲を主導することに拒否感を抱いている。

2016-12-14 1面
뉴스스크랩하기
政治セクション一覧へ
平昌五輪組織委と在日言論人が懇談会
厳しさ増す遊技業
中国が対韓工作で「禁じ手」
唯一の統一への道は 金正恩政権の崩壊
自由民主と民衆独裁の戦いで中立は存在しない
ブログ記事
安煕正の反米青年会はどういう組織だったか
韓国自由統一戦士たち、鄭美鴻・金美英の対談
国民が選んだ大統領を国会が詐欺的手法で弾劾した暴挙に憲法裁判所は同調するのか
朴槿恵大統領弾劾訴追過程の法的瑕疵
普通の人々が太極旗を掲げる理由
この一冊
『婦人会画報 絆』第1巻第4号
『婦人会画報 絆』第1巻第3号
『在日本大韓民国婦人会画報』第2号
菜食主義者
中国朝鮮族を生きる 旧満州の記憶
自由統一
韓国軍、対北放送拡大
金正恩の不安の反証
閉鎖から1年 開城工団再開は国連制裁違反か
北、固体燃料の弾道弾発射
防衛部トップ解任


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません