ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-10-18 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 国際
2016年11月02日 00:29
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
米大統領選 接戦の2大候補
来週火曜、投開票へ

 米大統領選が8日に迫ってきた。事実上、民主党のヒラリー・クリントン候補と、共和党のドナルド・トランプ候補の一騎打ちだ。両候補が出そろってからは討論会などを通じて徐々にクリントン候補がリードを広げてきたが、ここにきてトランプ氏が巻き返してきており、接戦になっているという。
両候補とも「もっとも嫌われている候補」などといわれ、選挙戦でも政策論争よりも相手への攻撃が目立った。経済政策としてはともにTPP(環太平洋パートナーシップ)に反対。クリントン候補は韓国の安全保障について「同盟国を無防備にはしない」と強調しており、対北制裁や韓国のミサイル防衛能力強化に言及している。
トランプ候補は北韓が韓国や日本を攻めたとしても介入しないと述べており、それを受けて北韓メディアは「賢い政治家」と評価している。韓日の米軍の費用負担軽減も重要テーマだが、そのために両国が核武装することについては容認する姿勢をとっている。

2016-11-02 1面
뉴스스크랩하기
国際セクション一覧へ
「大韓民国が恥ずかしい」
韓中通貨スワップ期限切れ
反国家団体に便宜を図る文政権
北の核・ミサイルに「やめろ」
亀裂深まる韓米同盟
ブログ記事
朴槿恵大統領を釈放せよ、孫石煕(JTBC)を拘束せよ!
朴槿恵被告の拘束を延長してはならない8つの理由
国民にハングル専用を強いるな!
朴槿恵大統領弾劾の引き金だった「タブレットPCの正体」がついに明らかになった
朴槿恵大統領釈放要求デモ
自由統一
北韓が開城工団を再稼働
9億ドル超の借款 北の返済ゼロ
核・ミサイル開発に30億ドル
安保理の制裁可決
北の狙いは米との不可侵協定


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません